2014年08月23日

2014年04月15日

ブログ休載のお知らせ

都合により当ブログ
しばらく休載させていただきます。

またお目にかかりましょう。

posted by T野 at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

ククレカレーの日々

ここ数日はククレカレーばかり食べて暮らしていた。

荷物を整理していたら
古い手紙の山が出て来て
読み返すと
ひたすらなつかしかった。

友人や死んだ父や母の手紙も出て来て
これは自分の財産というものだ。
生きて来た証だねえ。

昨夜はトレッサに行き
7,000円もするワインを買ってきて飲んだ。
店員の女の子に
「プレゼントですか」と訊かれたんだけど
「うんにゃ、帰っておれが飲むの」と答えたら
「えー、うらやましい」と感心された。
今だけ金の心配はいらないからそれくらいはいいじゃないの。
もうすぐ死ぬんだし。
posted by T野 at 11:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

差押えなにするものぞ

朝、しつこく呼び出しをするやつがおり
寝ぼけまなこで出てみたら
東京電力の集金人だった。

「期限切れです停止に来ました」とのこと。
払えんものは払えん
さあどうぞ、と言ったんだけど
あれ?明日は金が入るんじゃなかったけと思い出し
明日だったら払えるぜと言ったら
「絶対、明日中に払ってくれるんだったら待ちます」と言ってくれた。
やれやれ、。
明日は明日の風が吹く。
posted by T野 at 10:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

新津さんありがとう

さきほど新津さんからの支援物資が届いた。
ワゴンで13個。
本好きにはよだれが出そうな本だらけだが
とても全部は高知に持って帰れない。
悩ましいことです。

かつて小田光雄さんに
「持ってる本も700冊くらいに整理すればずいぶんすっきりするだろうなあ」
と聞いたことがありましたが
U腹に送る本は500冊くらいにしぼりたい。

思い出の本の一冊
福音館の『海中記』
むかしうらら先生と
「この本おもしろいよねえ」と語ったことがなつかしい。


61XzhOO3-YL._AA160_.jpg



食欲は少し戻ってきました。
昨日はトレッサの鮨屋で
プリンとお茶と穴子のつまみとウニの手巻きを食べたな。



posted by T野 at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

みっともない身体

まだ肩や背中が痛くさっぱり眠ることができない。
夜中に起き出して仕事をする元気もなくどうすりゃいいのよ。

11時トレッサのカイロプラティックに行ったら
一番初めに担当してくれたという女の子が面倒みてくれた。
すっかり忘れていたんだが
むかし泥酔状態で行ったらしく、彼女はおれのことよーく覚えていた。
「今日はずいぶんまともですね」と言われ恥ずかしい思いをする。
マッサージをしてもらったけど
「お客さん、この前と比べものにならない凝り方ですよ。ひどすぎ。ハンパじゃないです」
と言われた。
30分コースを1時間に延長してもらい
「いてててて」と泣きながら治療を受けたのだが
「これじゃあ相当つらいでしょう。ここまでひどい人めったにいないです」と言われ
回りの治療師たちにも笑われる始末。
「2週間後に絶対また来てくださいね」と言われたが
1時間コースだと6,000円もかかるしなあ。どうすりゃいいのさ、このわたし。

「君とは長いつきあいになるかもしれないから」と
たまたま持っていた『色鉛筆の絵本』を進呈する。
「あら、わたし絵本なんかをプレゼントされたの初めてです」と喜ばれた。
「おれが初めて企画した絵本なんだぜ。えへん、えへん」と自慢する。
完全な助平ジジイです。

514LVbnU2gL._SL500_AA300_.jpg


とりあえず自分でできる簡単な頸と肩のストレッチ法は教わった。
これで治りゃあいいんだけど。

昨日のニュースで老人が言ってたけど
「年寄りはさっさと死ね」ということなんだよなあ。
夢も希望もないや。

高校時代聴いたサイモンとガーファンクルの「オールドフレンズ」という歌に
老人がふたり公園のベンチにブックエンドのように腰掛けている。
七十歳になるなんてなんて不思議なことなんだろうというのがあって
あのころは想像もできなかったんだけど
いまや我が身のことになりましたね。

金もないけど、あと10年くらいは充実した余生を送りたいよ。




小林さんと土曜日の買い取りの打ち合わせ電話。
本棚なんかもできれば一緒に処分したいと伝えるが
10本以上大小もありサイズがわからんとわからんと言われる。
そりゃそうか。
とりあえず持って行ってもらえるだけ持って行ってもらいたい。
さぞやすっきりすることだろう。

欲張らず本当に残したい本だけは厳選して
高知のU原のところに送ることにします。

小林さんには
「電気が消えているのはいやだなあ」と言われましたが
全然保証はできません。
「日の暮れないうちに始末してね」というしかありませんでした。
どうなることやら。

posted by T野 at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだしんどい

心身ともまだまだ。

吉野弘の「奈々子に」という詩を読み返していて

ひとが
ひとでなくなるのは
自分を愛することをやめるときだ。

というのに心をうたれた。

なるほど心を病むというのは
自分をを愛することができなくなるってことなんだなあ。
おれなんか今、自分のことを8から9割は愛せていないもの。

詩や歌ってときどきなぐさめになりますね。
「生まれてきてよかった」とブログには書いておこう。


奈々子に    


赤い林檎の頬をして
眠っている 奈々子
 
お前のお母さんの頬の赤さは
そっくり
奈々子の頬にいってしまって
ひところのお母さんの
つややかな頬は少し青ざめた
お父さんにも ちょっと
酸っぱい思いがふえた。
 
唐突だが
奈々子
お父さんは お前に
多くを期待しないだろう。
ひとが
ほかからの期待に応えようとして
どんなに
自分を駄目にしてしまうか
お父さんは はっきり
知ってしまったから。
 
お父さんが
お前にあげたいものは
健康と
自分を愛する心だ。
 
ひとが
ひとでなくなるのは
自分を愛することをやめるときだ。
 
自分を愛することをやめるとき
ひとは
他人を愛することをやめ
世界を見失ってしまう。
 
自分があるとき
他人があり
世界がある。
 
お父さんにも
お母さんにも
酸っぱい苦労がふえた。
苦労は
今は
お前にあげられない。
 
お前にあげたいものは
香りのよい健康と
かちとるにむずかしく
はぐくむにむずかしい
自分を愛する心だ。



posted by T野 at 04:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

ニッチもサッチも

朝、東京電力の集金人が訪ねて来て
「今日が最終忠告です。払えなければ木曜以降に電気は停まります」と言われた。
しかし嚢中二千円ではどうすることもできない。

一応土曜日には入金の予定がないわけではないが
「まあ、とりあえず電気なしの暮らしでもかまわないや」と気楽に考えることにした。
真っ暗になってもラジオでも聞いてりゃいいんだし。
(山道さん、T野はがんばっております)

マンションは売っぱらうことにして
不動産屋に見に来てもらったが
いつ売れるかさっぱりわからず
とにかく土曜日に今の在庫をすべて小林さんに買い取ってもらうことにした。
高知に帰る金くらいにはなるじゃろう。

その他あちこち電話して小金を借りることにした。
帰高すれば棲み処のあてがないわけじゃなし
U原も二ヶ月くらいは居候させてくれると言っている。

なんとかなるさと腹をくくるしかなかろう。
ちょっとずつガンバロー。
あと一年経てば年金も入るし、バイトの口がないわけでもない。
その前に精神病院にいることになるかも知れませんが。

ダンス教室の生徒、むかしで看護士をやっていたS田さんというのおばあさんに
「人間はだんだん弱っていくのよ。そして死ぬの」と言われたことがありますが
しみじみ実感しております。

とりあえずウジウジしている場合じゃないな。






posted by T野 at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

すっとこどっこい

昨日、不動産屋に来てもらい売却の話はした。
自分の狂気の話はしなかったけれどバレたかもしれん、
どうでもいいことです、

昨日からイライラしている首と肩の治療に
トレッサのカイロに行ってみる。
女の子がやってきて「お客さんこれそうとうひどいです。ひどいままそのままにして、それが当たり前みたいにしてるますね」
と商売上手なことを言われた。
もうどうでもいいんです。

帰宅して
昨日不動産屋に言われた
「在庫を少しでも処分してみてください」と言われたことを思い出す。
「ブ」に売れば一冊五円くらいにしかならないだろうし
先輩の小林さんに引き取ってもらおうか。

とりあえず引っ越し準備の開始。
posted by T野 at 17:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

キスミーワンス キスミーツワイス アンド キスミーワンスアゲイン イッビーンナ ロング ロング タイム

からいばりでもいいからもっと元気を出そうというわけで
気楽に元気を出していってみよう。

今のマンションを売り払って高知に帰ることにしました。
明日、不動産屋に来てもらう。
おそらくいくらにもならないだろうけど
とりあえずは借金の返済くらいはできるだろう。

友人のu原も2年くらいは居候させてくれるそうだし
精神病院の入居も準備してくれているらしい。
まずは健康を取り戻すこと。
回復すればまだ一働きくらいはできるんじゃないかな。

昔、当ブログを読んでくれた女性に
「まるで長編小説を読んでいるよう。うらやましいような面白さ」と絶賛されたことがありました。
あれはうれしかった。

「ふるさとに帰る」
父や母が眠る筆山墓地も待っています。
高知の城下が一望に見渡せるいいところですよ。


サンデー毎日の椎名誠の連載エッセイを読んでいたら
高知のことが出て来て面白かった。
高知ってほんと「酒はうまいし姉ちゃんはきれいだ」ってところなんですよ。
posted by T野 at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。