2012年10月29日

児童書強化週間

昨日の「天皇賞」。ルーラーシップ猛然と追い込んだものの3着どまりですってんてんになりました。9900円のマイナス。痛ーっ!
昔ねじめ正一が「優駿」誌上に府中競馬場の観戦記を書き
「こんなに楽しめれば一万円すってもへっちゃらだ」みたいな詩を寄稿していましたが
当方の場合全然へっちゃらではありませんでした。(意気地なし)

夜、雨の中をバスで樽町の「ブ」へ。
絶版文庫はほとんど拾えず、函入りの単行本を少し。
しょうがないので児童書と絵本コーナーへ移動。
小さな女の子なんかが座り読みをしている脇で血走った目つきで棚をあさっている当方を
お母さん、お父さんたちに怪し気に見られることがありますが、そんなことにはかまっていられない。
ここの「ブ」の児童書コーナーは105円棚はなく、よく見ると混在してるんですね。
長新太の『ぼくのくれよん』ほか絵本を5冊ほどゲット。この絵本ほんと子どもに人気あるんですよ。豪快なのよ。

512DAV854KL._AA160_.jpg

今週は絵本と児童書を集中してアップしようと思います。

昨夜はアマゾンの受注好調でした。
うれしいのは本の単価が大幅にアップしたことですが
おまけのように高額のCDセットの注文も入っていてこれだけで競馬の損失はちゃら。
CD、DVDの在庫も仕入れも限られているのであくまで古本で勝負するしかないのですが
まあ好きで選んだ老後のマイウェイだしなんとか食っていきます。
年中無休、24時間いつでも思いついたときに働けるのもこの商売の面白いところ。
不眠症はあいかわらずですが、眠れないときはせっせと在庫をアップすれば売り上げはついてくるんだから
自分には向いてる仕事なのかもねー。
楽しい仕事だと思います。あんまり儲からないけど。

あと自分の無能さを思い知らされてがっかりするのは
「これはいい値がついているんでは?」と思って「ブ」で買ってきて
アマゾンで相場を調べたら、あちゃー1円ばっかりずらずら出て来たときですね。
「オレの目は節穴か?」と落ち込みます。
そればかりではないんだけど
「キホン的にオレは無能だなあ」と思い知らされる毎日です。
さて、どうやってこの落ち込みを回復したらいいもんか?

「働け働け。この世は巡礼である」という山本周五郎先生の言葉が鳴り響いています。この世って巡礼だったの?ひーん。

気持ちだけはクイックステップを踊りたくなっています。
「うつむくな!つらいときには背筋をのばすんじゃ」(ダンスで学んだ教訓ざんす)
http://www.youtube.com/watch?v=Hc7Z_TDAcUI




posted by T野 at 05:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

失敗続き

先だってアマゾンにアップした大型絵本シリーズ3点早速二人から注文入ったのに、あれれどこにも見当たらない。
たかだか2LDKのマンションでなんでこんなでかい絵本が見つからんのじゃ?
はいはい杜撰な在庫管理をしております。
自業自得とはいえ日曜の朝からものすごいストレス。
今日中になんとかしなくちゃ。記憶力だけでなんとかだいじょうぶだと信じてたんだけどな。
それにしてもなんだか神隠しに会ったみたいだな。ようわからん。

まあそこそこ高額本の注文も入ったので
これからトレッサに発送に行ってきます。雨も降りそうだし。
あとは本日もお宝本のアップを続けます。
それにしてもアマゾンの古本相場というのもアップダウンが激しいのねえ。
あんまり欲をかかないよう心がけます。
欲をかくのは競馬だけにしておこう。

トレッサに入ったらハローウィンの仮装をした子どもばっかりで驚いた。
最近は年をとって子どもは苦手でなくなってきたので面白かった。

丸谷才一の『女性対男性(文春文庫)』が意外な高値を付けていたので早速アップ。
「××の話から××の話になりました」という語りで始まる
「女友達とぼく」のやりとりが愉しい、まさに丸谷才一の真骨頂と言える軽妙洒脱なエッセイ集です。
「パーティーの話からパンティの話になりました」なんてどんな話だったっけ?
久しぶりに読み返したくなりました。


午後からは支援物資で送ってもらった婦人実用書を中心にアップ。
さっぱりわからないジャンルですが茶道関係の本なんかにびっくりするような値がついていることがありました。
元手はただなんだから競合者への嫌がらせのように半値以下でアップするのは楽しいものです。へへへ。

あと料理は好きなので値がついていない「ミセス愛蔵版 毎日の朝ご飯」なんてのをつい読みふけってしまい
「一汁一菜でいいから朝飯はちゃんと食わないとな」なんて思いました。

ついでに表紙を飾ったおねえちゃんに
「君のセンスは余りにも時代遅れだからやり直しなさい」なんて説教してるの。
昭和57年発売だから今から30年前だし、しょうがないけどやっぱり変。
こんなミセスに朝飯をつくって貰うのはイヤだなあ思いました。
エラそーですが「ミセス」の表紙の奥さんって、なんか趣味が悪くない?
(あらん、言い過ぎ)

もう女のことはどうでもいいんだ、ちっくしょー!(出ました)




posted by T野 at 09:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

久々土曜レッスンに

午後自転車でトレッサに行き郵便局で発送後バスで新横浜へ。

実にひと月ぶりくらいのレッスン。
おじさん、おばさんの三人の生徒に「おやあ、久しぶり」と言われ
15分のウォーミングアップの後チャチャチャに突入したんですがもうヘロヘロ。
うらら先生にも「ちょっと大丈夫なの?」と。

終了間際にやってきたK島おばさんとS田ばあさんにも
「顔の左側が腫れてるわよ」だの
「歳とると目の周りのクマってなかなかとれないのよねえ」と言われてしまいましたが
まあこうして踊れるようになっただけでもよしとしよう、
なんとなく回復は早いと思いますよ。

レッスン後近くのJRAに寄り、明日の天皇賞の猛勉強。
有金前売りでハタいてきました、
ルーラーシップと心中。
単勝を3,000円。
馬単 6から13と4へ各千円。
6から1。5.8、11、14を各五百円。
押さえで3枠から総流しを各三百円。
以上9,900円の大勝負。
今まで無敗で一番人気のカレンブラックヒルは外枠と距離延長を嫌い蹴飛ばしました。
おお、せめて明日は損害軽微で済みますように。オレだけグッドラック。

帰りに久々「焼鳥倶楽部」に。
「生ビールBセット」というのがあって、これが生ビールに冷奴と「たこわさび、キムチ、塩辛」の3品がついて
千円というお得セットがあったので、I上店長に無理を言ってノンアルコールビールとセットにしてくれと無茶なお願い。
最近カルシウム不足気味なのでナンコツも注文しました。
久しぶりに高校生のバイトの女の子もいて、笑っちゃうぐらいたたずまいがよくかわいい子で
「ありゃま久しぶりだねえ」と笑い合う。
考えてみれば当方の方が彼女のお父さんよりも年上なんだろうなあと思ったら
なんだかおかしくなった。そんなに悪くない気分でした。

文教堂で買って来た『古本の雑誌』を読み始めましたが、これが面白い。
なかんずく大島健一さんというひとの『「本の雑誌」をコンプリートするまで』という記事が面白かった。
実は当方も大学を卒業したころ御茶ノ水の茗渓堂で「本の雑誌」の4号を見つけ「面白いなあ」と思い
4号から34号まではいまでも保管してるのです。
ただし14、18、21、30、31号はなぜか歯抜けになっているんですが
これは当方のゾンザイな性格のせいなので仕方ないとはいえ
それでも「本の雑誌4号から13号まで揃い」というのはそれなりの稀少価値なんでは?
とにかく大島さんがすごいなあと思ったのは
オレなんかハナから入手不可能だと思っていた創刊号から3号まで揃えちゃったんだよねえ。
エラいなあと思いました。
面白い記事でした。
大昔、初営業で出張に行ってたころ当時藤枝江崎書店に勤めていた小田光雄さんに
大手取次が「うちと口座を開いてください」と頭を下げにきた版元って
「本の雑誌」と「広告批評」だけなんだってねと聞かされたことを思い出した。

帰宅したらアマゾンに頼んでいた川崎彰彦の『ぼくの早稲田時代』が届いていました。
あんまり高くはなかったけど相変わらず売り上げの割に購入本が多いねえ。
明日の天皇賞当たってくれますように。

今夜の晩飯はあっさりと
納豆とお新香に焼き海苔と味噌汁です。
こんなもので充分になりました。


アマゾンから「えーっこんな本が?」という注文がきておかしかった。
なんでもやってみるもんです。
久しぶりに野呂邦暢の注文も来ました。

あと町田康を5、6冊、続けて読んでみたいと思っています。
いろいろあってね。タフになりたい。

posted by T野 at 20:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。