2012年10月16日

やっと退院

10日の水曜日朝9時から手術。内容は
・左右/汎副鼻腔根本手術
・側なし/鼻骨骨折整復固定術
・側なし/鼻中隔強制術
の3つでしたが45分くらいで手術が終わったころ麻酔から覚めた。
O医師から「思った以上にぐらぐらでした。手術して正解でしたね」と言われました。

両鼻の中をガーゼでギュウギュウに固定され、止血のためその上に綿球を詰め1時間おきに交換する作業が退院まで続き結構なストレス。
術後の翌日までは点滴のみで腹減ったなー。

予定より一日遅れで本日ガーゼを取ってもらいました。
鼻炎持ちのおかげで適度に鼻水が出ており
「ほかの患者さんよりスムーズに取れてよかったですねー」と変なほめられ方をされました。
左側のみ来週の水曜日の再診まで綿球はしておくようにとのこと。
術前よりは鼻の通りはよくなるんだそうです。
固まるのに約一ヶ月「そのあいだにまたこけたりしないようにねー」と釘をさされました。
「急性アルコール中毒と顔面挫創で救急車で運び込まれた噂の男」になっておりました。
目の下のクマも上唇の傷もまだ残っているし。しくしく。

退屈だったけど3食きちんと食べたおかげで血圧も体温も安定。衰弱しながらも健康を取り戻せた感じです。
持ち込んだ本は堀江敏幸の『なずな』一冊だけでしたがこれが正解。
ひょんなことから弟夫婦の娘「なずな」(生後2ヶ月)を預かることになった男の話です。
400ページを超える長編でしたが、
読後が爽やかで生きて行く元気が出て来る、いまどきめずらしい小説でした。


51N5cAGD9hL._SL500_AA300_.jpg


主人公が甘党できんつばやどら焼きやあげくにはビスコなんかも食べるのには笑った。
当方も入院中は杏仁豆腐や栗まんや白玉ぜんざいなんかを食べました。(おおビスコも買ってきたぞ)


12pac_bisco.jpg


11時過ぎ帰宅してメールをチェックしてもると某文学舘より高額本の注文が入っており
自転車で郵便局まで発送に行ってきました。
リハビリもさることながら在庫アップに集中して売り上げアップを図らないと
年が越せなくなっちゃう。

幸い未アップの良い本はまだたくさんあるのであと2ヶ月半はアップに専念します。
考えてみたら今週の金曜日で獅子ヶ谷書林も2周年になるんですね。
長い2年間でした。


病院のデイルームからの眺め。
9階だったのでよい眺望でした。
ランドマークタワーなんかも見えました。

121009_2339~01.jpg

121011_1128~01.jpg


夜シャワーを浴びて体重を計ったら70キロちょっとに激痩せ。
甘いものなんか食べたんだけど(アイスクリームなんかも毎日食べたんだけど)筋肉が落ちまくっているからなあ。
身長も1.5センチほど縮んでいたし、年やなあ。

退院祝いにノンアルコールビールを飲みながら
心配をかけた知人たちに退院の報告。
とにかく年内にできるだけ回復して見せます。
とりあえず酒だけは完全に抜けました。
年内は「アル中」との闘いです。
びくびくしながらも、なんとか乗り越えたいと思います。
手の震えもやっとおさまったことだし。


入院中NHKの「ためしてガッテン」で見た
「山椒」の医療を使った料理を自炊で試してみたいと思っています。
山椒の実って人間の舌をしびれさせる毒性があって、それがいい味覚を出現させるらしい。
山椒の実を齧った連中が醤油なしでマグロ刺しや冷奴を食し
「ひゃー、おいしいー」と感動をしているのを見て
これはぜひためしてみなくちゃ?と思ったのでした。
なんでもおいしくなるんだって。ほんとかなあ?

48b3261ecad14f639e0d0af77e8a300b.jpg

d121c0c6d320680b706434204d04d47b.jpg




posted by T野 at 13:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。