2012年10月20日

受注は順調

注文をチェックしてみるといつになくいっぱい来ていた。アマゾン2件、スーパー源氏3件、なぜかFAXも3件(うちひとりは7冊のまとめ買い)。
おお、いったいどうなっておるのだ?田中角栄の『日本列島改造論』の注文には笑った。
カバーなしだったけど美本だったので3,500円つけてみました。

土日は近所の郵便局が休みなんだけど
「出前迅速」がモットーなんでちょっと割高だけど
トレッサの郵便局まで発送に行ってきます。
ほんとうは鶴見郵便局の本局に集荷に来てもらうのが一番格安なんで
コンスタントに受注が上がればそれもありかな。

昨年暮れに急逝された「たそがれ親父さん」という有名な方がいました。
「ブ」のせどりを毎日アマゾンにアップするだけで(奥さんと車ではしごするのだからうちなんかとは規模が違う)
月の売り上げ百万円以上という信じられないようなことを達成されていて
「へっ、かなわねえなあ」と妬ましく思ったものでしたが
今は親父さんのツメの垢でも煎じて飲みたいと思います。

目指せ売り上げ十倍!(まだ言うとる)

今日は「菊花賞」の予想もしなくてはいけないので結構忙しいです。


午後、郵便局の発送後バスで新横浜のJRAに出かけ
地下でカツカレーを食いながら無料のお茶を飲みつつ
明日の「菊花賞」予想。(とんでもなくまずいカツカレーでしたが完食。勝つ為には完食)
一番人気のゴールドシップはまず負けまいと思い馬単、3連単で勝負。

帰宅して受注を確認したら
昨日上げたばかりのDVDの注文が入ってましたが3,500円のつもりが
350円になっておりアセる。
小林さんに電話したら
とりあえずお客さんにキャンセルのメールを送ってお詫びするようにとのこと。
気をつけなくっちゃ、やると思ったよ。


そしてさらに昨日発送した本、間違えて別の人に送ってしまったことが発覚。
2年間やってきて初めてのミス。
確認したはずなのに。
ちょっと頭おかしくなってる?ううう。


今夜は塚本邦雄の『連弾』を読んでいます。
ちょっとシブいじゃろう。
高校を卒業したころ帯屋町でばったり
文学青年の高尾くんに遭遇し
「この小説は面白いよ」とすすめられたことがありました。

51BA3oEOA+L._AA160_.jpg

posted by T野 at 07:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。