2012年12月31日

今年最後の「ブ」へ

昨夜も夜中に起き出してゴソゴソと片付けをやっていたら朝方になってしまいました。
まあそこそこには片付いた。

起きたのは12時半なり。
とりあえず今年は居間のテーブルの上の本をテーブルの下にしまって
整理整頓は妥協することにしました。

メールをチェックしたら大晦日の割に注文がきていて
この分では4日の初荷が大変かもと思ったけど
いざとなれば集荷に来てもらえばいいのでした。

3時過ぎ家を出てトレッサへ食糧の買い出しに。
杖を忘れたことに気づいたが普通に歩けました。当たり前か?
お正月といっても格別なことはないので
購入したのはホーレン草と三つ葉とウルメの丸干しのみ。カマボコは先日買った。
あと杏仁豆腐とチョコシュークリーム。

帰ろうかとしてふと
明日から「ブ」の初売りだなあ。でも混むだろうしなあ。
むしろ今日あたりのほうがひろえるのでは?と思いバスで新横浜まで行ってきました。

今日の収穫は益田ミリの『オトーさんという男』(ほぼ新品)

51xmxPJRr6L._SL500_AA300_.jpg

それにしても今年は初売りから始まって「ブ」の仕入れに明け暮れた一年でした。
年明けには確定申告のために領収書の整理を始めなくてはいけませんが
山積みの在庫はほとんど「ブ」の105円コーナーで買ったもの。
これを来年は換金していかなくっちゃ。


来年は生活安定と借金返済のためにバイト先も探さなきゃいけないし
杖なんかついてる場合ではありません。
悪夢のような一年でしたが来年は自力で回復していきます。

年賀状は出しませんが来年もよろしくねー。委細面談。


横浜に引っ越して来てよかったなあと思えることのひとつは
新年を迎えると同時に横浜港に停泊している船が一斉に汽笛を鳴らすんですね。
その音が遠く離れたうちなんかまで響いて来て
「ああさすが横浜だなあ」と感心しつつお正月気分にひたれます。


11時、半分うとうとしながら
せっかちなので、お雑煮の準備を開始しました。
大根の小口切りをだし汁で煮ています。
これにホーレン草となると巻を入れ、餅のかわりに山芋の輪切りを加え、すまし仕立てに。
とどめに山椒をかけてみます。
どんなお雑煮になることやら。


posted by T野 at 19:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

天井照明故障中

朝から雨、
よりによってこのタイミングで天井照明の蛍光灯が切れました。
この前交換したのはいつだったか忘れたくらい前ですが
とりあえず蛍光灯を外そうとして
下に椅子を運び蓋を開けようとしたら
バランスを崩して椅子から転落。
さいわいこけたのがソファーの上だったので無傷でしたが蓋はちょっと割れた。
いくら高所恐怖症気味とはいえ
このバランス感覚のなさには情けなくなりました。完全に老人です。

止むをえずトレッサのノジマ電気の照明コーナーをのぞいたら
年末特別割り引きセールをやっていて、はやりのLED照明が3万円ちょっと。
「うーんビミョー」としばらくうなりましたが、一度取り付けちゃえば生きている間は蛍光灯を交換しなくていいし
購入してきました。
来月になれば紀伊國屋外商からの入金で収まる範囲だし。
ただ店頭在庫が切れているので設置は年明け10日になるそう。
まあ十日間くらいは別にいいや。

そのあと有隣堂に寄って正月読書用に
村上春樹のインタビュー集の新刊文庫と
横山秀夫の『64』を買いました。

さすがに腹がへったので帰り「志のぶ鮨」でちらし並1,200円を食べてきました。おいしかった。
ものすごいどしゃぶりになりましたが杖のおかげで無事帰宅。

なんだか予定外の用事で掃除は全然進まず。

もう正月も関係なく整理整頓に励みます。


本日の読書

西原理恵子『毎日かあさん9』

51GiIFc+e7L._AA160_.jpg

印象に残ったのは
夫の鴨ちゃん(もとアル中)が亡くなったとき
伊集院静が「よーサイバラ、人って死ぬよなー」と言った言葉でした。
しかし西原が時を経て
「でもまたどこかで生まれますよ」と言ったのもとてもよかった。
オレの父が急死した直後に姪っ子の由希が生まれたのを思い出しました。



池田清彦『アホの極み』

41rKoSDcrlL._SL160_PIsitb-sticker-arrow-dp,TopRight,12,-18_SH30_OU09_AA160_.jpg

この中でおかしかったのは「野呂さん」という名前の人が
「ノロウィルス」というのは迷惑なので名称を変えてもらいたいと
クレームをつけたという話に絶句して吹き出した。
「野呂の呪い」という駄洒落を思いつきました。
いろんな野呂さんがいるもんですね。


明日はお正月用に新しいほうじ茶と、モカブレンドの珈琲を買ってきます。
あとホーレン草くらいかな。

posted by T野 at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

食欲だけ復活

本日も昼過ぎに起きる。

メールをチェックしたらアマゾンでわからないことがあり
プリシアターの小林さんに電話して教えてもらう。
小林さん、この一年ほんとにお世話になりました。

トレッサの郵便局で発送を終え
はらがへったので久々回転寿司へ。
土日はいつも満員なのに年末のせいかがらがら。
年末なのでおみやげの注文が多く忙しそうでしたが。

「ちはやふる」の最新刊を読みながら遅い昼食。
ちなみに「ちはやふる」に出て来る準主人公の綿谷新と
志のぶ鮨のテッちゃんがそっくりなのに気づいておかしくなりました。

そのあとバスで新横浜に出て教室に。
パーティーの日に拾った「ブ」の収穫を置き忘れてしまい
「流し場に置いとくから」と言われたのを引き取りに行ったんです。
意外に軽くて助かった。

ついでにすぐ近くのラーメン博物館のソフトクリーム屋のママさんにあいさつに寄ったら
ちょうど忘年会の最中で
「あら、ちょっと食べていきなさい」とお手製の具沢山チキンカレーをごちそうになってきました。
濃厚味系でしたが最近は食欲も戻ってきたのでおいしくいただきました。

さて、今年の残り二日間。
とりあえずどこまでかたづくか?やってみます。


週刊文春連載の「沢村さん家のこんな毎日」という物静かな連載マンガが好きなんですが
とりわけ今週のは面白かった。

沢村さん一家は、お父さん、お母さん、それに独身の娘ヒトミさんの三人家族で
平均年齢60歳だそうです。
ということはお父さん72歳、お母さん70歳、娘38歳くらいの設定なんでしょうか?

ドラマチックなことはなにも起こらないけど
思わず「沢村家に幸多かれ」と祈らずにはいられないようなタッチがいい。

今回は仕事納め帰りのヒトミさんが
「年始めになにか新しいものをおろそう!」と決め
新しいブラを買おうとデパートに寄ったものの
「新しいブラを最後に買ったのって昨年のこの時期では」と気づくんですね。
「おいおい」という自分へのツッコミがおかしい。

ほんとしみじみしていて好きだなあ。


posted by T野 at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。