2012年12月07日

ストレスいっぱいの一日

アップしたばかりの絵本の注文がきたんだけどしかるべき場所に見つからず
そうこうしているうちに
本の山をどどどっと崩してしまいい
「ええい今日は仕事は止めだ止め!」と朝からヤケをおこしてしまいました。

そんでもって郵便局に発送にいったら
局の女の子たちが
「今日こそは入金があるといいですね」と人の顔を見るなり言うんですよ。

地元の郵便局に応援されている「獅子ヶ谷書林」だと思いましたが
さすがに恥ずかしくって残高照会はできませんでした。
それにしても、ニコニコしながら
「ほんとにT野さんってお金がないんですねー」みたいな顔をするのはよせ。
どういう顔をしたらいいのかオレだって困っちゃうじゃないか。

こんどみんなの顔写真を公開してやります。憎らしいけど笑っちゃうくらい可愛いんだよ。
仕事用にスティック糊を2本買いました。

金がないってクビがないのとおんなじなのね。
http://www.youtube.com/watch?v=s6JjQHfScIc


posted by T野 at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トレッサの回転寿司屋さん

トレッサの回転寿司屋さんには本好きの面白い板前さんが多くてね
いかつい顔をして岩手の出身で宮澤賢治が好きな変わったやつがいます。

今本の整理をしていて先輩に貰った賢治の全集で売れそうもない端本があるけどいる?
ときいたら頂戴しますと言ってくれました。
こんなのが出ちゃったんですよ。
もう旧い定本は売れません。

5125VYJH0RL._SL500_AA300_.jpg

東北と言えば
大学時代に宇佐見先生という面白い先生がいてね
ガリ版刷の松尾芭蕉の「奥の細道」のフランス語訳をテキストにして講義してくれたんだよ。
あれ取っときゃよかった。
芭蕉の「静けさや岩にしみいる蝉の声」の蝉とは何蝉だろうか?ということに言及し
ニイニイ蝉ではないか?なんてことを言ってたような?(うろ覚え)

ひょいと賢治のことを話したら
「賢治の擬音は面白いねえ、フランス人なんかにも受けそう」と答えてくれましたが
ほんとにその通りになりました。

賢治好きの回転寿司の板前がいてくれて古本屋としてやる気が出てきました。
勉強しなくっちゃ。
「ブ」でも拾わなくっちゃ。

あのね
干刈あがたが死んだときがっかりして思ったんだけど
当たり前だけど人間死んだらおしまいなのよ。
明るい正月を迎えようではありませんか。


posted by T野 at 04:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。