2012年12月16日

僕が64歳になったら

正直元気でいられるのはせいぜい後5年ほどだと思う。それまでは頑張ってみます。

京都の弘美ちゃんに
「せっかく生きてきたんだから年金くらいもらいなさいよ」と言われた。
それもそうだ。
ちょっとはもらわなくては。

それにしても64歳まで生きられれば充分ではないですか。
あと五年もあれば身辺整理もつくんじゃなかろうか?

ほんとに欲がなくなってきたなあ。
遠い気持ちでわりと安らかな日曜日。
posted by T野 at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりに志のぶ鮨へ

昼過ぎ久しぶりに志のぶ鮨へ行きました。親父さんがおらずどうしたかと聞いたら
お昼ねの最中だとのこと。
七十歳だし仕方がないか。

テッちゃんと伊織ちゃんは?と聞いたら
日曜日なんで遊びに行ってるんだって。

思わず奥さんをハグしようと思ったんですが
セクハラは年末ぎりぎりまで我慢しておきます。

若旦那にも
「T野さん、もっと食べなきゃだめですよ」と言われ
ビール一杯に大根と厚揚げのつまみと
穴子の炙りに胡瓜とゴマ和えを貰って〆て千円。
すごく同情されています。

妹が乳癌にかかっちゃいまして
ちょっと狼狽中。

お金の心配は金策に走り回った結果、とりあえずなくなりましたが
五木寛之の
「今日できることは明日でもできる」をモットーに
くよくよしないで生きて行こうと思った日曜日。

ところでTV番組よりラジオ番組の方が断然面白いですね。
本日「競馬実況中継」を聴こうとして
間違えて別の局につなげたら
さる先生が精神病の話を淡々と語っておられ
そうかプロはこんなふうに語るんだと感心しました。
語り口だけで、肝心の内容は全部忘れた。




posted by T野 at 15:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

M木美穂の思い出

高校の同級生でM木美穂という巨乳の女の娘がいてね、好きでした。あのころは健康診断で「検便」というのがあってね
彼女がさも嫌そうに提出するのをみて可愛いと思った。

高知の田舎町の時代だから
彼女の家にもホイホイ出かけてね
彼女が二階に上がるときにミニスカートのパンティーが見えないように
スカートを押さえたのを覚えています。

それで、どんな話をしたかと言えば
早く子供が欲しい。だって自分の分身ができるみたいで楽しいじゃない
というものでした。

あのとき彼女の巨乳を揉んでおけばよかったなあ。
遠い日の花火のような思い出。

posted by T野 at 07:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報源

考えてみると中学校の同級生にもベテラン翻訳家のM脇とか
集英社の上役になってるM野とか
JTBパブリッシングの社長のY山だとか
ひとかどの人物は回りにいっぱいいて
こういう人物からこまめに情報交換していれば
オレももう少し羽振りがよくなってたと思うんですが。

前の出版社のY崎社長にも
「肝心なのは情報収集です」と言われ「確かに」とは思ったんですが
どうもめんどくさくってオレにはできない。
だってめんどくさいじゃありませんか。

友達は「遠くにありて思うもの」
お互い歳をとったねえ。
彼らの中学校時代の想い出をいろいろ思い出しました。
そのうち書きます。面白いよ。




posted by T野 at 06:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。