2013年01月12日

初レッスン出られず

またしても夜中に起き出して朝方爆睡していたら8時過ぎにノジマ電気の配送人に電話で起こされ
今日の設置は3時から4時くらいになりそうだとのこと。
2時から土曜サークルの初レッスンなので
「もうちょっと早いか遅くに変更できませんか?」と聞いたんだけど
「無理です」ときっぱりとすげない返事。

仕方ない一寝入りしようと思ったんですが起こされると眠れず
台所の蛍光灯までが切れかかっていたので新横浜まで出てきました。

ビックカメラで蛍光灯とプリンタのインクカートリッジを買い
プリンスペペでシクラメンを買ってお年始用の品といっしょに
教室の入り口に置いてきました。

うらら先生に電話して事情を説明したら
今週7日に初レッスンは終わったんだって。
先週の土曜日が初レッスンだと思い教室に出かけたら真っ暗だったので
うらら先生、昨年暮れからひどい風邪をひいていたんでまだ治っていなかったんだと早とちりしたんですが
月曜日の変則初日は昨年暮れに告知していたらしい。
当方12月は諸事情で休んでいたので気がつきませんでした。
来週から出直します。

帰り「ブ」に寄ってみたら13冊ほどでしたがこれが意外な収穫。(特に児童書)
今年は元日から幸先のいい仕入れのスタートです。

2時半に帰宅し台所の蛍光灯を交換していたらどうしても片方が点かず
「ええいどうなってるんだあ?」とイラついていたらノジマ電気の配達人から電話があり
「思ったよりスムーズにいったのでこれから伺います」とすぐにやってきました。
天井照明を交換してくれ「これで十年は大丈夫です」と言われほっとした。
ついでに台所の蛍光灯も見てもらったんですが
アダプターのようなミニ電球みたいなやつが(よくわからん)寿命になってるそうで
さいわい手持ちがあったので交換してくれ、無事修復しました。

なんだか突然明るいお正月がやってきたような気分だなあ。
仕事をするぞー!


本日の晩めしは「マグロ納豆とカイワレのワサビ辛子和え」です。
味噌汁にも山椒なんかを入れて「ピリ辛定食」。
食後は珈琲とブルボンの「シルベーヌ苺」です。
なんだか高校生みたいな気分。




posted by T野 at 19:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米の問題

最近になって「とりあえず米さえあれば生きていける」という気持ちが強くなりました。宮澤賢治の「雨ニモ負ケズ」では一日玄米3合を食べるとありますが
オレは半分ぐらいですむので1合150グラムとして30日で7キロ弱あれば足りる。
実際は月に5キロあれば足りるのではなかろうか?
なあに、よしんば10キロ大食いしたとして4,000円も出せば充分だ。
それを考えると米ってほんとにおいしくて安いね。

日本酒なんてちょっとした銘柄なら店によっては1合千円くらい取られるし
1升のんだら1万円。ドッヒャー今までどんな無駄金を使ってきたのやら。
これからは大酒飲みとはおさらばしてほどよく米を食うことに喜びを見出したい。
だんだんと珈琲や甘い物代が増えつつありますが、なあに知れたものです。

一番の問題は本代で、こればっかりはどうしても減らすことができない。
しかし古本屋をやってよかったと思うのは、読み終わったらきれいな状態で売りに出せば
結構な値段で買い手はつくんですね。
アマゾンなんかでよく「一度読んだだけの美本です」とか言って定価の2〜3割引で出品している人がいますが
「ブ」に持って行くよりは確かにに賢い。仮に半値でも送料考えても人気の新刊ならすぐ売れますよ。

去年一年クレイジーな貧困生活を送ったことでお金の大切さが少しわかったかも。
「金がないのは首がないのも同じ」ということが身にしみた一年でした。

今年はだから、みみっちく稼いでつましく生きるんだ!
(なんだか全然迫力ない宣言ですね。貧乏を楽しみながら余生を送ります。しくしく)




posted by T野 at 04:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本の探偵ごっこ

最近新横浜のラーメン博物館内にある「Kateko」というアイスクリーム喫茶とその向いにある「WF CAFE」という店に(JRAの隣)時々出かけるようになったのですが
同じラーメン博物館の所属とあって「Kateko」のママと「WF CAFE」のゆかりさんは大の仲良し。

ふたりとも話をしているうち当方がネット書店をやっていることに興味を覚えたらしく
最近立て続けに「探している本があるんだけど」と相談を受けました。

ゆかりさんはお母さんから「あなたのところに『ナナカマドの挽歌』があるはずだと言われたんだけど、どうしても見つからないのよねえ。」と困ったそうで
「あ、それオレなんかしょっちゅうだよ」と答えたんだけど、かつてのベストセラーだったしアマゾンで検索したら百円で美本が出ていたのですぐ取り寄せることができました。

糧子ママの方は難問で
昭和55から57年ころの「高校野球 神奈川グラフ」が手に入らないかしら?というもの。
なんでも東海大相模の一場良隆という選手のファンで青春時代の思い出だそう。
なんでそんな話になったかというと、オレが高校時代インターハイに出た時の
「バスケットボールイラストレイティド」という雑誌を持っていれば思い出になったのになあと話したからでした。
あのときは一回戦で敗退しちゃいましたが相手はベスト8まで進んだ小倉の高校だったし
確かにあのときの雑誌は持っていたかった。
でも若い頃は「過去のものはきっぱりと捨てて行こう」という妙に意固地な思いが強くてね
一試合でひとり40か50点くらい取ったときのスコアブックも捨ててしまいました。

で「神奈川グラフ」の方ですが
さすがに昭和55年というと入手は困難だろうなあと思い
神奈川新聞社の編集部に問い合わせてみようかと思いましたがまず見込みなさそう。
「日本の古本屋」で検索かけてもあるのは最近のバックナンバーが少しだけ。
スーパー源氏の「探求書」に載せてもらおうかと思ったんですがlこれも厳しそう。
「さて困ったな」とネットで検索しているうち発売元の神奈川新聞社が年ごとのバックナンバーを
DVDにして1,800円で発売していることを発見。これでどうだ?
なおバックナンバーの人気ナンバー1は1979年でした。どんな選手がいたのかな?

とにかく最近なぜか飲食店の関係者に本好きが多く、驚きかつ充実しています。
自然かつ必然に類は友を呼ぶのでしょうか?


ママゾンから久しぶりに志ん生の落語のCDの注文が来ました。
落語のCDで持っているのはこれだけ。
これってかつて「i pod」がはやった頃CDから入力して「火焔太鼓」なんかを聞いてたんだよね。
志ん生本はまだ少し持っています。アップしなくちゃ。




posted by T野 at 00:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。