2013年01月27日

忙中閑あり

体調回復、

受注も好調、

ちょっと寒いけど近く江ノ島に猫を見にいってみようか。

それにしても目がさっぱり見えなくなりました。
歳とるってそういうことなのね、

猫も猫で気楽そうに見えてなかなか大変です。
飼っていたからよくわかる。

動物はしんどいや。
植物とか樹木とか野菜とか花みたいな気分で生きられないだろうか?
生まれ変わったら「木瓜(ボケ)」なんかどう?
ちょっと想像できませんが。

梨木香歩の『h植物園の巣穴』を読み始めたところです。

41knOPV77yL._SL160_PIsitb-sticker-arrow-dp,TopRight,12,-18_SH30_OU09_AA160_.jpg



posted by T野 at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶好調?

体調はちっとも良くないのに受注は絶好調。
面白いようにお金が入ってきます。
うれしい。(嘘八百ですよ)

まあ、どうにか循環みたいなのはなんとか見えてきたかも。
「おやまあ」みたいな本が売れて面白いです。
例えば中井英夫の『虚無への供物』。
なんでこんな本を獅子ヶ谷書林なんかにに注文して来るんだか不思議だ?
読み返してみたくなりました。
山口マオさんの原画展のオープニングパーティーのときに
中井英夫の一番弟子という人と名刺交換したんだけど名刺を失くしちゃった。
仕入れのコネクションとしてはおしいことをしてしまいましたが
まあなるようになるさ。

「ブ」の105円のせどりと、知人の支援物資があればなんとか食っていけるもんですよ。下の姪っ子に諭された通り「一日の食費は千円以内」に切り詰めればなんとかなるもんです。
月収15万円くらいは楽勝だし?

オレって他人様には言えない性根があってね
「楽して生きたい」と本気で思っているんです。
軽蔑されても結構。
先週の「AJC杯」で21万円儲かりました。
古本屋なんてこつこつ頑張っせいぜい2日で1万円の売り上げだからね。
笑っちゃうくらい地道なお仕事です。面白いから続けています。

でも歳なんだし、絶対に他人からは認めてもらえられない人格路線で突っ走ろうと覚悟を決めました。
村上春樹なんかと違う弱い生き方もありなんではないかと確信しております。
そう思うと人生楽勝だ。素直にチョロく生きようではありませんか。
日刊ゲンダイの「止まり木ブース」の健坊みたいにいきあたりばったりに生きるんだ。
ついでに健ちゃんの馬券の予想は絶対に外し。
あれほど当たらない予想は逆に素晴らしい。

Good day sunshine








posted by T野 at 04:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。