2013年02月28日

どうしても一枚足りない

郵便局自転車で発送に:

それにしても「四谷怪談」お岩さんじゃあるまいし
「どうしても一枚足りない」どころではなくて
八冊も見つからないのよ。
催促のメールは来るし受注よりこっちの方がしんどい。
死にたくなりました。
オレ古本屋に向いていないな。
「リブリア古書堂」の栞子さんなら一発で「それはここ」って言うんだよね。

なにもかも投げ捨てて今日から生きていきます。
お客さん、たかだか安い本一冊ぐらいでそんなに怒らないでください。
オレってほんとうに商売にむいていないなあ。イライラ。
ほんとにやることなすことが情けない。
まあ、一件一件片付けていきます。八件もあるんだけど、どうせ死ぬんだし。
いいんだ、いいんだ。さあ殺せ!

と言いつつ在庫をアップ。
生きていくのは誰しも大変です。
お金もないし。くっそお!。
高校の同級生で坂本健というミュージッシャンがいるんですが
さすがプロ。オレなんかの安ギターでも信じられないような音で弾くんですね。
今度競馬で当てて安ギターを買います。

今夜は焼き魚定食にするか。元気出そう。
http://www.youtube.com/watch?v=tF30vw1omJM


posted by T野 at 17:25| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また注文がいっぱい来た

また注文がいっぱい来ちゃった。夜通し在庫アップしてる成果だとは思うんだけどめんどくせえなあ。
もう置き場所もないんだってば。
古本屋やめて旅にでも出たくなってきました。
注文もらってイライラしている古書店主というのも変わっていますね。

「サッポロ一番塩ラーメン」を食ってがんばっています。
生きていくのってほんとめんどくさいな。

捨てばちになっちゃいけないんですが、ほんと注文品が見つからずイライラしちゃう。
さっさと墓に入りたいよ。
アマゾンって最近生意気だね。
昔、渋谷の説明会に行ってた頃は「売り上げの大半はエロ本です」と言って可愛げもあったのにさ。

そういえば、石川喬司の『魔法使いの夏』なんか線香の匂いが香って来てよかったですね。
この人競馬も好きでTVにも出演してたけど、まだ生きているのかしらん?


posted by T野 at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

また受注

今日もたまげるほどいっぱい注文が来た。かつてこんなことはなかったのでアセっています。
もう勘弁して欲しい。(ウソウソ)

結構ミスやトラブルも増え、気の小さいオレはめげることも多いです。(こらっ!)

それにしても値のつかない本の整理が大変だ。
郵便局の本棚も限界があるし。「ブ」に来てもらってタダで引き取ってもらうしかないか。
「ビブリア古書堂」なんてあこがれるんだけど
もうすぐもらえる年金にしても国民政策金融公庫の返済に消えていくだけだしなあ。

儲かれば実店舗を持つ手もあるとは思うんだけどめんどくさくってね。
うらら先生なんか家賃を払う為に教室をやっているようなものではないだろうか。
花ぐらいはもって行ってあげないと。

回転寿司のFさんのお母さんが癌で62歳で亡くなられたそうで妙に切ない。
「オレたちが死んだら香典でどんちゃん騒ぎをやってもらおうじゃないの」と言ったんだけど
Fさんも見かけによらず繊細な男でね、ちょっとうろっとしました。
オレもあと何年生きられるのやら。
気合いを入れます。

http://www.youtube.com/watch?v=eKfr3PfqB8M


トレッサに発送に行ったあと
回転寿司に寄ってFさんに夏葉社の『さよならのあとで』を預けてきました。
お母さんの供養になることを祈ります。
「人間死んでも生きている」と言ったのは草野心平だったっけ。

418UxR8bXtL._AA160_.jpg


「ラー博」の「Kateko」に寄って来ました。
途中でばったりカフェのゆかりさんに会い「おおっ」と手ををふる。
店に行ったら美人の娘さんがいてしばし歓談。
なんか最近オレ美人にめぐまれているな。
「Kateko」は3月3日で開店2周年だそうです。
「獅子ヶ谷書林」も2年半近くになります。
あと何年だあ?
本好きのMちゃんはこの前新横浜の「ブ」に行って「T野さんいないかな?」と思ったらいなくてがっかりしたそうです。
オレも毎日行ってるわけじゃないんだ。すまん。

今日は「Kateko」の美人の娘さんと食べ物の話ばっかりしてきました。
オレが結構自炊をするのが意外だったみたい。
「独身男ってほんとうにダメねえ」と言われつつ
いろいろ料理の秘訣を教わりました。オレの子どもくらいの年頃なんだけどな。
『花より男子』なんかの話もしました。
楽しかったです。
51cbaXV+UyL._AA160_.jpg

今日は悪いこともいいこともいろいろとありました。
夜分、桶川の妹からも電話。
ほんまにわしらもいつのまにか歳をとったなあ。
山の端の子ども時代を思い返すと思わずボロボロと泣きそうになりました。
でもあのころは一家四人でかなり幸せに暮らしていたんだから、まあいいです。

在庫アップ相変わらずだらだらと頑張っています。
このブログで紹介した本、結構注文が来ます。もっとがんばらなくっちゃ。
結構物持ち。でも在庫場所をすぐ忘れるんでアマゾンの評価は相変わらず低いんだよね。
そのうち出入り禁止になるかも。
くそっ、なかなかうまくいかないな。

山之口貘の詩だったか「お金が、お金が」と泣き出す女房が出て来て
オレもそんな女房と結婚すりゃよかっなたと思いました。
もう無理だな。ちっくしょー!


posted by T野 at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。