2013年03月20日

発送に追われた一日

朝方大汗をかき風邪はなんとか回復。久しぶりに洗濯をし、シャワーを浴びてから
昼過ぎから発送の準備にとりかかりました。半端な分量じゃなかった。
注文メールをプリントアウトしてから在庫探しを始めたんですが
予想通り数冊は見つからず。
とにかく今日中には見つかっただけでも発送しようと思ったんです。
今日は休日だしちょっと値段は高めだけど、今日中には可能な限り発送しないと気分が悪いしねえ。
トレッサの郵便局まで行こうと思い頑張りました。
4時過ぎに荷造りを終えバスでトレッサまで運んだのですが
これが大袋2つにギュウギュウでものすごく重いの。
よく病み上がりの身であれだけ運べたなと感心しました。
郵便局の女の子が
「ひゃーすごいお荷物ですね。今日はどうしちゃったんですか?」というくらいのものだったんだよ。
仕事はためこんじゃあいけませんね。

3Fにあるノジマ電気でスマホの使い方を聞いて来たんだけど、すぐわからなくなっちゃう。
よくお客に「あなたPC古書店のくせになんでそんなこともしらないんだ」とクレームをつけられるんだけど
「お客さん、オレパソコン歴はMS−DOSの時代からだからもう四半世紀は超えてるキャリアなのよ。でもメカはどうしてもダメなの。」
と言って逃げます。
オレにはやっぱり老人向けの携帯で充分だな。今度姪っ子に頼んで機種変更してもらいます。
なにがアイホだ、アッホー!

さすがに腹が立って腹が減ったので回転鮨に行き
めずらしく「カツオのタタキ」、「大ゆで海老」、「マグロの頭部の大トロ」や「茶碗蒸し」なんかを頼んで来ました。
なにしろ安いからね。とどめにメロンを頼んだ後、杏仁豆腐も食べたくなったんですが
目の前にいる板前のF川に「T野さん、そのうちお子様寿司のセットとか注文するんじゃないですか?」とからかわれそうなので
我慢しました。

帰ってみると久しぶりにDVDの注文や『原色牧野植物大図鑑・正続セット』なんかの注文も入っていました。
これ亡くなった叔母さんの棚からいただいたものなので破格の価格で出品したもの。でも相当重いぞ。明日も大変だ。
でも牧野富太郎って人気あるんですよ。魅力的な土佐人です。先日もYさんからいただいた『草を褥に』が売れたばかり。
確か牧野が亡くなったころオレが入れ替わるように生まれたと思ったけど。
ちょっとおじいちゃんみたいな親しみを感じる人物です。

61YD15HEPEL._AA160_.jpg

41SHKG7T2PL._AA160_.jpg


これから本棚の整理に取りかかります。
すぐ目と鼻の先にあったはずが、いまだに行方が杳として知れない本が四冊あるんですよ。

それ以外にも今日も『ねこのせんちょう』の注文を茂田井武の『山ねこせんちょう』と間違えて発送しそうになりました。
あぶない、あぶない。

51YAKX4VWRL._AA160_.jpg


41JTTXW1F2L._AA160_.jpg



なんせ積み上げた本の山を崩しまくってしまい、どこに何があるのやらさっぱりわからなくなった自分の部署があるんです。
「たわけ、しっかり管理せんかい!」
「ひーん、中隊長どのー、お許しを」とか
今夜はひとり芝居をしながら整理だな。

久しぶりに池田あきこさんに電話して
今日銀座松屋の「ダヤン30周年記念」の原画展に行こうと思ってたんだけど
妙に忙しくてだめだったけど明日は伺おうと思います。と言ったら
「あらあT野さんには来てもらいたかったのよ。
明日は一時頃会場には行くけどいろいろいろ忙しくって話もできないかもしれないけど
またゆっくり吉祥寺あたりで」と言ってもらえたので
「ごあいさつだけでも。楽しみにしてますよ」と応える。

考えてみたら当方の初企画「色鉛筆の絵本」の相談で自由が丘のお店に伺ったのがちょうど20年前だったんですね。
あのころはまだオレも元気だった。
あのときにオレが持っていったミニライターをちゃっかり使われた証拠写真も本に残っていますぜ。青い百円ライター。
しかもそのまま着服された。
でも本日も「色鉛筆の絵本」と「スケッチ教室」の注文をくれたお客さんがいたので
あのときのことには目をつぶりましょう。

あ、遅ればせながら原画展おめでとうございます。

当方今とてもビンボーなんでお祝いもできませんが
一息ついたら今度おごってください。(こらっ)http://www.wachi.co.jp/

514LVbnU2gL._AA160_.jpg

この本はよく売れたから
今でもときどき「ブ」の105円コーナーでも美本が見つかりますよ。


ところで話は変わりますが
吉岡忍編著『フォーク・ゲリラとは何者か』自由国民社、1970年
という本をどなたかお持ちではないでしょうか?
ちょっと事情があって探しています。
ご存知の方、ぜひご一報を。


posted by T野 at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土佐の天ぷら

土佐で「天ぷら」というと普通「さつま揚げ」のことなんですよ。小学生の頃隣町の越前町の角にあった揚げ物屋で
おばちゃんが器用に魚のすり身を包丁ですくって揚げたあつあつをおやつがわりに食べたものでしたが
あれはうまかったな。
あと、ワラビ、ゼンマイ、姫筍なんて山菜料理の季節もやってきますね。
これを天ぷらと一緒に煮たのもおいしいですよ。
ふるさとの味というか。今度作ってみよう。さつま揚げと野菜の煮物ってあうみたいですね。

fe725d4ea7056d9205cc1ef365165977.jpg

やっと少し食欲が出てきました。
やっぱりきちんと自炊しないとだめだな。
煮物は好きです。

あと讃岐うどん。
昔汽車で帰高するときに宇高連絡船に乗ると必ずうどんを食べたものでした。
なんの変哲もないうどんでしたがハマる味でした。
今あちこちでチェーン展開している某讃岐うどんチェーンのうどんはこしが強すぎて好きじゃないな。
麺つゆも。
むしろ百円くらいで売られているビニールパックに入った素うどんの方が好きです。
風邪のときにはうどんに限りますがあいにく乾麺しかありませんでした。さすがにちと面倒。

150x150_square_10043250.jpg

あと川崎BEのうどん屋の「おかめうどん」も薄味で好きだな。
麩と筍、椎茸、卵焼き、カマボコがのっていて薬味はネギとショウガと三つ葉。
よく見るとおかめの顔に見えるんだってね。





posted by T野 at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。