2013年03月21日

ダヤン原画展へ

朝池田さんから電話があり午後3時過ぎぐらいならお茶くらい飲める時間はとれるわよ、と言われた。
午後自転車で郵便局に発送に出かけたがあまりの荷物の重さにハンドルをとられそうになり
ここで転倒したらお陀仏かも?と心配になる。
やはり重い荷物のときには面倒でも自転車を押して行くくらいでないと危険だな。

2時過ぎに家を出て、バスで鶴見に出て久しぶりに京浜東北線に乗る。
川崎を過ぎ多摩川前の桜並木が早くも八分咲きになっており
おお、久しぶりの会社勤めだったころの通勤を思い出しました。
浜松町で山手線に乗り換え、隣りの新橋で銀座線で銀座まで。
改札を出ると辺り中ダヤン展のディスプレイだらけで驚いた。
銀座も久しぶりだったし、松屋もゴージャスな百貨店ですね。

会場入り口にいつも原画展の図録を制作している彩鳳堂企画の担当者がいてごあいさつ。
すぐに池田さんも現れ「あらーT野さん久しぶりね」と言われた。
なんとなく電話やメールのやりとりは続いていたので、そんな感じはしなかったんだけど
そうか、この前お会いしたのは新横浜の三省堂のサイン会のときだったから
もう二年以上になるんですね。

まだ中は見てないと言ったら「とりあえず見て来なよ」と言われ
入場して来ました。いやあすごい規模でしたね。
全176点の原画が時代ごとにパネルで紹介され
大掛かりなジオラマや、「わちふぃーるど」の登場人物の紹介ビデオや、原画を描いているビデオや、
池田さんのインタビュービデオなんかがあって盛りだくさん。
池田さんがいつも使っているパステルや色鉛筆なんかも展示されていました。
(この中には昔オレがかつて画材メーカーを回って提供してもらったものも含まれているかも?)
出口には沢山のグッズや絵本も販売されていました。すごいなー。
初めて池田さんのアトリエを訪れ、半日かけて描く手順を見せてもらった
『ダヤンのたんじょうび』の表紙に使われた絵の原画なんかなつかしかったな。
あれ色鉛筆だけで描いたんですね。
「ほらこうしてツンツン」と言いながらダヤンの毛並みを描きながら
絵が完成されていくのは、まるで魔法を見るようでした。

51nKKnujYSL._SL500_AA300_.jpg

見終わって池田さんに「あれ、今日はふうちゃんは?」と訊ねたら今日は会社に行ってるそうです。
それから会場近くの店に行き、まず図録にサインをいただいてから小一時間ほどいろいろ話をしました。

今回は13日という連続開催なので結構大変だとのこと。「で、あなたの商売の方は?」ときかれたので
「なんとかかつかつ食っていけるようにはなったんだけど、しんどいですよ。さらに最近すぐ転ぶし」と言って笑われる。
「まあ勤めを辞めてひとりで商売を始めたんだから引きこもりがちになるのはしかたがないわね。
でも、もともと内向的な性格もあったから古本屋を始めたんでしょ。本も読みたい放題なんだしがんばりなさい」
と励まされました。

面白かったのは、池田さんとダヤンを紹介した面白そうなムックがあったので購入し
中身がおまけで分厚く膨らんでいたので「これってなんですか?」と訊ねたら
宝島社から出たダヤン特集の第2弾なんだそうです。

51ioaPVUKvL._SL500_AA300_.jpg


誕生三十周年のお祝いメッセージの冒頭には
中川翔子が「ダヤンおめでとう」とイラスト入りの色紙を寄こしていてぶったまげた。
彼女大の猫好きだったんですね。

でおまけの話にもどるんだけど
「ちょっと貸して」と言われビリビリとおまけの袋を破って中身を見せてもらったら
なんと中から出て来たのは「ダヤン30周年」のりっぱなオリジナルトートバッグ。

41aFl2RJ2AL._SS400_.jpg

「えー、こんなものつけて1,380円?」てきいたら
「そうなのよ、おかげですごい人気でね」
初版なんと5万部が売り切れ、重版2万部がすぐ決まったそうです。
トートバッグの制作は海外に発注してるんだけど円相場に左右されるんでなかなか大変なんだって。
うーんオレには想像もできない世界だ。ブルブルッ。

今度の原画展が終わったら一段落するから、そのうちふうちゃんと吉祥寺でおごってくれるそうです。
本当は「出世払い」ということでお返しをしたいところですがオレの現状では将来無望。
「香典の前払い」ということで勘弁してください。(コラッ! たわけ者)

でも楽しい一日でした。池田さんありがとう。
これから本の整理にかかります。古本屋なんだからね。


posted by T野 at 21:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。