2013年06月20日

二敗一分

サッカー日本代表のコンフェデ杯の話じゃありませんよ。
応募していたバイト先から断りの連絡2件。もう1件は明日担当者からの連絡待ち。
特に年齢制限はないが相当キツい仕事だとおばさんに念を押された。
ひーん、そんな重労働で時給1100円は安すぎと思うけど、でもこちらから選べる状況ではない。
にしても体がもつだろうか?

雨の中を自転車で郵便局に発送に行く。
今日は意外に単価が高かった。

「雨の日はジャズだろう」と今日はコーヒーを飲みながら
久しぶりに「オール・オブ・ミー」を聴きました。
『バカボンド』も15巻目まで読んだ。

http://www.youtube.com/watch?v=NXberrSu8_A


小林カツ代の本をときどき読むんだけど
この前の本で「揚げ物は必ずしもたっぷりの油でなくても大丈夫」というのを読んで
昔好きだった洋食屋を思い出した。
以前勤めていた会社の近く、後楽園球場(現ドーム球場)の先の本郷の坂の途中にあったんだけど
老夫婦でやってた町の洋食やさんでしたが、ここが滅法うまかった。
コック帽子をかぶったおじいさんもかっこよかったなあ。
小さなフライパンでポークカツレツなんかをつくるんだけど魔法のようにおいしかった。
日本橋の「たいめいけん」の洋食も好きだけど、この店はほんと奇跡のような店だったなあ。
ああいう有名じゃなくってほんとにおいしい小体な店が身近にあったというのは
今では望むべくもない幸せでありました。
できれば自分でも少しはいろいろつくれたらと思います。
昨夜つくった「納豆オムレツ」もそこそこおいしかったし。
あんなもので自分には十分です。
「自分でもカンタンにつくれてしかもおいしい」というレパートリーをあれこれ持っているといいですね。

今日思い出したのはこの一品。

・「川海老ときゅうりの片栗粉スープ」
海老の赤ときゅうりの緑がきれい。熱いけどこれからの季節さっぱりしていておいしいものです。
ご飯なしでスープだけいただいた後、コーヒーなんかを飲んでも落ち着きまっせ。


posted by T野 at 20:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

気分を変えて『バカボンド』を

9時半起き。
ウーロン茶を飲みながら発送の準備をしていたら
プリンタのインクが切れ、またも「くわっ」となってしまった。
ここにきてアルバイト先がさっぱり決まらないせいでフラストレーションが限界までたまっていると感じ
「ええい、もうやめじゃ!」と一旦開き直ることにしました。
でないと、もっと悪い事態になってしまうから。

昨日札幌の老舗「くすみ書房」が経営難になっていることを知り
「えー、あのくすみ書房が?」とびっくりしたことでした。
とにかく深刻な経営難で、今月中に資金調達ができないと廃業の危機らしい。
幸い支持者の多い老舗書店なのでなんとか回避はできるのではないかしら。
http://kusumierika.com/shobouplus/

うちもまたニッチもサッチもいかんような状態で毎晩寝つけませんが
いったん金のことは忘れることにします。むつかしそうだけど。
思い切っていったん居直ることに決めました。くよくよしたところでなすすべなし。
とりあえずもうどうでもえーわ。一時休戦。
やる気が失せたわけじゃないんだしさ。はあはあ。


とは言ってもやることがそんなに変わるわけじゃない。
ものすごい強風を受けひいひい言いながら自転車で郵便局へ出かけ
そのまま向かい風を受けながら内路の「ブ」で仕入れ。
今度土曜日に文庫の250円均一セールがあるというのでちょっと下見をしたんですが
文庫って250円くらいではお買い得本って限られてるんだよね。
同業者も何人かいるし土曜日の開店前は何人か並んだりしていたりして。
でもそんな労力に見合うような魅力もない棚だったし、さっさとあきらめました。

いったん家に仕入れた本を置きそのまま自転車で樽町の「ブ」に向ったのですが
途中イオンの近くに以前誰かに聞いたことのある「ざうお」という店を発見。
この店は生け簀が釣り堀になっており、客が釣り上げたタイやヒラメを活け造りにして出すんだそうです。
裕福になったら妹夫婦や姪っ子たちを連れて来たいね。
たまには下品な大盤振る舞いなんかをぜひともやってみたいよ、あーあ。

樽町の「ブ」ではたいして拾えませんでしたが
ひょいとコミックの105円コーナーをのぞいたら、井上雄彦の『バガボンド』がずらっと並んでいて
おおっと叫んで8冊買ってきました。
これ長いこと読みたかったんだよねえ。
帰宅後早速読み始めましたがほんと面白いや。

原作は吉川英治の『宮本武蔵』なんだってね。
この前読んだ山田風太郎と中野翠の対談で吉川英治を絶讃しており
吉川版『三国志』での武将が部下に「お前はゼロだ」と言い放つ表現に「なんと無茶で斬新」とびっくりしていました。
『バカボンド』って読みごたえありそうでうれしい。一冊105円というのもほんとにありがたい。

51PG9FPCHSL._AA160_.jpg


さてそろそろ晩飯です。
今日は「納豆入りオムレツ」を作ります。
残りのカレールーをかけます。4日連続のカレーなのなり。

posted by T野 at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

在庫の回転について

3時半に寝て9時半起き。洗濯を済ませ、発送準備をして郵便局へ。

最近週単位で見るとそこそこ在庫がはけるようになったので
空きスペースに新たに仕入れた本を補充して行けるようになった。
いいことです。
また居間のチェストを整理して文庫専用にしたのも
雑多な文庫を放り込み文字通り引き出しを開けて探せるので快適。
寝室に出してあるチェストもそのうち整理して何かの本専用にしてみよう。
岩波少年文庫なんかかなりたまってきたのでいいかも。
どうにか足の踏み場もなかった状況からは抜け出すことができました。
あのころは在庫アップする気が起きなかったものなあ。

久しぶりに「ブ」を4件回りました。
昼前から蒲田、新横浜を回り新横浜のリンガーハットで昼食。
野菜をとらなくてはと大盛り野菜ちゃんぽんを頼みました。柚子胡椒ドレッシングがうまかったけど
さすがに少し残す。690円。普通のちゃんぽんでよかったか。

一旦帰宅して夕方、鶴見と川崎の「ブ」に。
今日はわりと万遍なくいろんなジャンルの本が拾えてよかった。
自分の読みたい本も結構ありました。一石二鳥の一日。

最近は以前と比べ注文品が見つからないということがほとんどなくなりました。
現在庫は全部で4千冊弱なので当分はなんとかなりそうです。
以上、本日の業務日誌。真夏日でめちゃくちゃ暑かったですね。疲れました。


今夜もカレーの残りを食べました。具がなくなったので買い置きのモモハムの切り落としを入れたらうまかった。

在庫アップはもう少しで3,200冊。
3,500冊に向ってまたペースアップをしようかな?毎日5時間ぶっ続けの重労働で熱中症で倒れるよりは
一日5時間ぶっ続けで在庫アップに励んだ方がマシな気もします。
その分の保証はないですが、試しに明日から3日間ぐらいやってみようか?

今年はじめて冷房をいれました。電気代に気をつけなくては。


posted by T野 at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。