2013年06月03日

港町の「ブ」へ遠征

1時半に寝て7時半起き。書庫を整理しながら天気もいいし今日は港町の「ブ」に行ってみようと思った。
鶴見から自転車で行けると思っていたら、地図で確認すると川崎の先でした。

郵便局で発送後、バスで鶴見に出て滞納していた固定資産税を振込。
京急で川崎に出て大師線に乗り換え二つ目の鈴木町で下車。確か川崎競馬場の近くだったなと思いだした。大師線は大昔に仕事で一度乗ったことがある。「川崎大師」があるんだね。

DownloadedFile.jpg


イトーヨーカドーの先に「ブ」はありました。
ヤマダ電気の二階で広い。古着売り場が場所をとり、食器まで売っている。
つい備前の徳利なんか売ってみようかと思ったんだけど、めちゃくちゃに買い叩かれるだろうからと思いとどまる。
今度ヤフーのオークションに出品してみます。

絵本コーナーから始めたのですが結構な値段が付いていてさっぱり。
文芸書もダメ。カスの「ブ」かと思ったんですがかろうじて雑本と文庫コーナーで20冊ほど拾い
とりあえず交通費をかけただけの収穫はあった。せいぜい月一の店かな?

腹が減ったので帰り鶴見のリンガーハットで「海鮮得ちゃんぽん」と「ミニチャーハン」。
本二十冊ってものによっては重くて重労働なのよ。

帰宅してつらつら考えたのですが
とにかく売り上げが足りないので大車輪の自転車操業の日々の連続です。早いとこ3〜4千冊アップして
月にその内の1割を売り、毎月300〜400冊をアップして行くのが目論見なのですが、現実は厳しそう。

梶山季之の『せどり男爵数奇譚』を読み始めました。面白い。

516TARZRR3L._AA160_.jpg

仕入れを「ブ」に頼っていたのでは「せどり」なんかにはほど遠いですが
トータルで3〜4千冊をアップしたところである程度結果は出ると思います。
それにしてもここ半月で随分仕入れたな。典型的な「薄利多売」路線です。
「売っても売っても儲からない」状態になるかもね。

でもあきらめずに継続します。
結構楽しんでやっておる。
死ぬまでは生きているんだから継続し続けます。
つらくてもひとりでも死にはしないと海に約束したから。

http://www.youtube.com/watch?v=eVl0kCjqc0k

posted by T野 at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。