2013年06月13日

不採用通知が届く

たかだか警備の夜勤のアルバイトじゃないかと思いつつどこかでなんとなく不採用になりそうな予感がしていたんですが
今日不採用通知が届きました。がーん。
また一から出直しです。

うだうだ悩まず次、いってみよう。わかっちゃいたんだけど、つらいなあ。

それにしてもこの歳で運転免許も持ってないというのは圧倒的に職探しには不利ですね。

仕方ない、たかだか時給千円目指して明日から頑張ろう! それくらいなんとかならんかいの?
うーん、うーん(ト頭をかかえて泣ク)



posted by T野 at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めしと納豆と海苔さえあれば

本日の売り上げは約2,800円也。目標としている「たそがれ親父」さんの売り上げの二十分の一くらい。
これではとても食っていけません。
雨で郵便局まで発送に出かける気力もなく途方にくれています。なんとか元気を出さなきゃ。

林芙美子の『めし』という文庫は絶版になっているようで
それなりの値で売れるので「ブ」では気をつけて探しています。
「乞食道」は切ないですが、こういうのを見つけるのにそれなりの楽しみもあります。見つかると、たかだか300円になるかならないかの本なのに思わず「あったあ!」なんて喜んだりするの。
「めしのタネ」ってわっかるかなあ?

31-wAHfW95L._AA160_.jpg


サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』の中で
悲観的になっている主人公に可愛いフィービーという妹が
「そんなに否定的なことばかり考えてないで自分の好きなことでもあげてみたら」と諭すような場面があったと思いますが
うーん、自分にとって明るい励みとはなんだろう?
ほんのちょっとしたことなんですね。
高知の従兄の孫娘の笑顔なんかでふっと元気がでるときがあります。

やれやれ、今日もめしを食って明日にそなえよう。
本日は元気ありません、気分はバッテン。こんな日もあります。(こんな日ばっかりやないか)


posted by T野 at 14:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スルメイカよ永遠なれ

回転鮨に行くとマグロの赤身とスルメイカばかり食べます。スルメイカって安くてうまいと思うな。
ヤリイカとかモンゴイカなんかより。

あとイカってゲソもさることながらミミがおいしいですね。
むかし久我山のアパートに住んでいた頃
つき合っていた女の子にイカの捌き方を教わったことがありました。
頭とゲソをつかんで引っ張るとスポっとワタが抜けるのね。あれは面白かった。
イカ刺と、塩辛にして、ゲソとミミはあぶったんだっけ?
イカって表面の皮と目と芯(「舟」っていったっけ)以外捨てるところがないのね。
捨てる部分なんかも猫とか子どもにやると喜びそう。

かつて東北に出張に行ったとき入った居酒屋に
「イカの王者イカ」と貼り紙があって
「ぶはは、このイカってなに?」と訊いたらやっぱりスルメイカのことでした。
スルメイカはやっぱり安くて偉大です。

images.jpg



posted by T野 at 11:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空しい執着

日々「ブ」の105円コーナーで乞食稼業をやっているとね万馬券じゃないけどブワーっと景気のいい成果を期待することがあります。

こんな一冊があるんですよ。
『新英文解釈法』という我々世代にはなんでもない英文解釈の参考書。
昔はよく見たけど、これがいまやベラボーな値段をつけているのには驚きます。
刷り部数が少なかったのと、妙にホットな例文が人気を呼んで
なんと今では2万円以上の古書値をつけています。
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4892490032/ref=sr_1_1_olp?ie=UTF8&qid=1368206490&sr=8-1&keywords=新英文解釈法&condition=used

実はこの本、かつて友人の翻訳家に勧められて購入したのをなぜかこの前まで保管していて
相場を知って「わあっ」と叫んだことがあったのですが、この本がなぜか行方不明になって少しクヨクヨしています。
たかだか2万か3万の本のことでクヨクヨしている自分がなんだか情けない。

そういえば2〜3年前は「ブ」の105円コーナーで当時の相場で1万円くらいしていた『野呂邦暢作品集』を見つけた人のことを
心底「すごい、うらやましい」と思ったこともあったのですが、最近ああいう感動が消え失せた。「それがどうしたん?」ちう感じ。
(あっ、でも相場で千円つけていたりするとついニマニマしてるんですよ。そのへんは誤解なきように)

たまにはなんか自分のことを自慢してみたいと思うんだけど、なんにもありませんね。自慢はむつかしい。
せめて夜勤のバイトが採用になりますように。

江藤淳は浴槽で手首を切って自死したけど、死にたくなった気持を思いとどまらせてくれるものは「ブ」の105円コーナーにはないのであります。当たり前か?おお。(続ク)




posted by T野 at 03:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。