2013年07月10日

今日の仕事はつらかった

バイトやっと少し慣れてきたと思ったら上がる寸前になってレジが混みだしパニックに。
またしても最後の1ケのコロッケをつぶしてしまい
お客さんに平身低頭してキャンセルにしてもらう。
処理におたおたしていたらバイトの男の子に
「ハイキにしておくからT野さん持って帰っていいですよ」と言われる。
弁当についたソースごとレンジであっためようとし
「それやったら破裂しますよ」と注意されるし。
レジの「取り消し操作」もまだ慣れない。
まだまだ足手まといです。
情けなくってどっと疲れが出た。夜食はコロッケだ。(ヤッター?)

そういえば今日レジに、昔新横浜の「焼鳥倶楽部」でバイトしていた女の子が来て驚いた。
ちょっと「落はくの身」に落ちぶれたようなビミョーな快感を覚える。

ところでこの猛暑のせいかここ二日アマゾンの売り上げが激減。さて困った。
ネット売り上げでなんとか月々の必要経費をまかない
バイト料は食費と雑費に回すという目論見が頓挫するかも。
注文増えた分、月々の送料もバカにならない金額で支払いの準備をしておかなくては。

まあこのタイミングでバイトを始めたことだけは正解だった。
とにかくひたすら収入アップの道を考えます。

人間、希望なしでは生きていけませんがどんどん希望の範囲がせまくなっていきますね。なんか「防戦一方」って感じ。
打たれ強くならなければ生きていけません。
だからとり合えずケチくさい希望でいいや。
「セブンイレブンのバイトがひと月続いた」とか「月のネット売り上げ記録を更新した」とか
「笑ってビンボーを楽しめるようになった」とか(なんか金のことばかりだが仕方ない)

昨夜はちょっとだけ居間を片付けました。
衣食住だけはかろうじて確保できていますが、
いざ何か起こったときどうするかはそのときに考えます。
「ドモナラズ」というふざけた名前の競走馬がいたね。

いろんなことをつらつら考えます。
考えることはタダだ。一銭にもならんけんど。
松本健一だったかの言葉に
「とにかく現状を見ろ、そして自分で考えろ」というのがありましたが
おれは希望的観測ばかりで、それをずいぶん怠った。

でもねえ、体の動くうちにどこか田舎に引っ込んでね
「T野氏は死後何日かたってから発見されました」というふうにしたい。独り身だからね。
死んだら自分の時間は止まる。
ゆったりと流れていく時間というのもいいものだけど
できれば生きているうちに時間が止まるような瞬間をあと何回か味わえないものだろうか?

一昨日大宮の「ブ」で拾った『神田鶴八鮨ばなし』を読み返していて
むかしこの店に女の子とふたりで行ったことを思い出した。

51U7jxvu2rL._AA160_.jpg


たとえば一瞬でいいからもう一度あのときに帰れんもんかな?
そのときに戻って人生をやりなおすとかいうんじゃなく。

人生最後の気合いだ。




posted by T野 at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。