2013年07月15日

前略おふくろ様

郵便局、集荷に来る。オレよりずっと歳上のおじいちゃん。暑い中ご苦労様です。

セブンイレブンでバイトしていても
とっくに七十近くのおじさんたちが「うんしょ うんしょ」と毎日配達にやってきて
「えらいもんだ。オレもしっかりはたらかなくては」と思うものの、ちょっと違うような気もする。年とったら楽したいのになあ。
「年を取るほど体を鍛えよ」とおおせられるのはうらら先生。はあはあ。

前略おふくろ様 オレも途方にくれながらなんとか生きています(by倉本聰)

本日の注文も安い本ばかりですが中には「へーえ、よくこんな本を探したね」と感心するのがあり
もうちょっと高い値を付けといてもよかったかなと思うが欲はこくまい。ありがとうございます。
獅子ヶ谷書林、まだ在庫アップは3300冊ほどですがちょっとずつ更新していきます。

わたくしのつとめるセブンイレブンの表には
黒っぽいキジトラの愛嬌のあるノラ猫が夜になるとふらりとやってきて
ヤンキー連中なんかにもかわいがられています。
猫はいいなあ。

なんとなく覚悟はしていたもののオレなんか同じセブンイレブンでも
役立たず扱いされ、露骨に疎まれると結構つらいものがあります。
いつになったら一人前になれるんだろう。

前略おふくろ様、今日もむちゃくちゃ暑いです。
「なにをくよくよ川端柳」とかいう戯れ歌がありましたね。
あの世の風に吹かれる前にオレももう少しこちらでくよくよしてみます。
今度金がはいったらセブンイレブンの「揚げ鳥」をお供えしますさかいに。

あっ、宅急便が来た。休日も忙しい。

http://www.youtube.com/watch?v=bdpbfeGO7dU



posted by T野 at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セブンイレブンに想ふ

自分がセブンイレブン向きの人間だとは思わなかったけど「まあオレもそんなにバカじゃあるまいし、バイトくらいそこそこなんとかなるんでは?」と思っていました。
多いに甘かった。
オレって「無能の人」だったのね。

で悔し紛れにというか、たとえば
石川啄木とか、宮澤賢治とか、堀辰雄なんかが、やむにやまれぬ事情で?
ある日セブンイレブンのレジに立たされたら?  なーんてくだらないことを空想してみる。
うーん、絶対オレよりもっとおろおろ狼狽えるばかりで役に立たないだろうな。いい気味です。(空想ですよ)
でも漱石、鴎外なんかになるとレジで「無礼者!」なんて客を一喝するかも。

「女は女に生まれるのではない」と、しかつめらしく語ったボーヴォワール女史なんかが
レジに立つと、意外に客あしらいがうまくて人気があったりして。

あかん、妄想はつきません。
このまま「セブンイレブン・おちょくりシリーズ」ってやってみたいですね。
元手もかかってることだし、ひーん。


41EADRZX7ML._SL500_AA300_.jpg



posted by T野 at 03:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。