2013年07月25日

夏バテ対策

雨も上がったので
とりあえず清潔にしておこうと思い昼前から洗濯。夏物のTシャツや短パンは結構持っています。
元バスケ部員なもんで。

2時過ぎ郵便局に発送に出かけたら、カウンターになんか知った顔のおじさんがいて
あれっと思ったら近所の花屋さんだった。猫を何匹も飼っていて夫婦ふたりともダヤンファンなんです。
「ご繁盛のようで」と言われる。
だから全然儲かってないんだってばあ。

夕方、自由が丘の「ブ」へ遠征。
自転車で行ける距離ではないが
どうにか20冊ほどの成果で交通費をかけただけのことはあった。

読んでみたいと思ったのはこの2冊。ほぼ新品でした。

51wqa-hSgTL._AA160_.jpg

41WWVnFXqhL._AA160_.jpg



川本三郎が「電車に乗って本を読むのが好き」と書いていましたが、そういうときに持って行きたい。
空いてるローカル線に乗って、のんびり読書っていいですね。
江ノ電なんかは夏は混んでいそうだし
近場の鶴見線なんかがいいかも?まだ乗ったことがないし。
鶴見線は短かすぎるから盆休みの東海道線なんかどうだろう?
たまには身近な旅なんかもしてみたいですね。


毎日こう暑いと自宅でもたまにはさっぱりした冷たいものが食べたくなります。
こどものころ母が作ってくれてあんまり好きじゃなかった「酢ぞうめん」。あれなんかどうか?
Y先輩にいただいたトマトと、ふうちゃんにもらったハムを具にして
めんつゆは残っている浅柚の柚子酢を使ってアレンジするの。
明日あたり作ってみます。

ponzu_image.jpg

5d917708c88c6e3dc188b0bcffbe3a90.jpg


posted by T野 at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶好調『本屋図鑑』

夏葉社の新刊『本屋図鑑』話題が評判を呼んで絶好調の模様。

企画試行の予告時からあまりに面白そうだったので
まったく金のない獅子ヶ谷書林でも5冊仕入れさせてもらったのですが昨日早速2冊売れちゃった。
売り上げ最底辺のネット古書店でもこれなんだから間違いなくベストセラーになるんじゃないでしょうか。
全国の本屋もだまっちゃおかないだろうし、たちまち重版?
「本屋が夏葉社の本呼ぶ一杯気分」みたいな勢いか?
静かに支持をうけ続けることを目指して来たはずの今までの夏葉社とはなんとなく雰囲気が違うような気がします。
えらいこっちゃが、そこは一人出版社の強み。夏葉社には書店と読者ほか多くのファンがついてることだし、なんとかなるでしょう。
島田さん、しんどいときには他人様に頼るんだよ。


『本屋図鑑』貴重な初版の1冊はいつものことながら、読んでいるうちにビミョーに汚してしまったので手元に残しておきます。
この初版本はすぐ値がつくかもなあ。「貴重な誤植訂正のペラ挟み込み付き」とか書けばさらに値がついたりして。
これを機会に「夏葉社の初版本全点揃い」とかいってあこぎな一稼ぎもできそうだと思ったのですが
残念ながら『昔日の客』の初版本もすでに全部売り切れちゃった。

51HgJTm+lmL._AA160_.jpg


ばかを言っていないで同郷の島田さんに心からおめでとうを言いたい。
「金はのうてもまごころはただやきに」(はい土佐弁)


posted by T野 at 05:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。