2013年08月13日

母さんお肩をたたきましょう

「風立ちぬ、いざ生きめやも」
めずらしく起きたときもうちょっと生きていたいと思った。

しかし現実はシビアでアマゾンから注文のキャンセルが多すぎ
このままでは取引停止の警告メールがきた。
確かに最近気にはなっておりました。アップばかり気にしてテキトーにそのへんにしまっていた結果注文品がさっぱりみつからなくなって。笑い事ではない、ひーん。

今日の注文は無事見つかりほっとする。
相変わらず絵本の注文多いな。ぎりぎり記憶力との勝負みたいなところはあります。

午後、銀座の伊東屋に「久下貴史展」に出かける。
有楽町で降りて久しぶりにぶらぶら歩く。「銀ブラ」?

伊東屋の本店が改装中で今回は会場が三つに別れておりスタンプラリーなんかをやっていた。
四カ所回って来ると久下さんの顔写真入りのチョコレートがもらえるというもの。
そりゃ回ってきましたよ。

第一会場に戻り久しぶりにS専務と社長にごあいさつ。
そのあと定番のカレンダーを2部買って、1部にうらら先生にサインをしていただきました。
久下さん黒ブチの眼鏡に変えたんだ。
ごあいさつして一昨日からはじまった下鴨の古本まつりの話なんかする。
久下さんは京都のご出身。

生きててよかったなあと思いました。フェデリコに一回あいたかったなあ。
http://blog.j-artist.co.jp/?cid=2850

版画にはデコパージュふうのきらきらした装飾がされていてきれいだった。

20130703.jpg



今日はそのあとなつかしい某所に寄り珍しく長話なんかしてきました。
ふふふ、ないしょにしときます。
正座して話を伺いたいような大好きな店の店長。
数年前に奥さんをなくされた。


池波正太郎のエッセイを読んでいたら
なぜだかピンクのシャツを着たくなった。

pink02.jpg


色恋とは無縁になった当方ですが女人が嫌いな訳ではないですよ。
うらら先生、浅柚さん、池田さん、ふうちゃん、節っちゃん、山本かずこさん
しんどくなったとき応援してくれている人がいることをありがたく思います。
あっひろみちゃんのこと忘れていた。あんまり近しいと忘れる。すまん。

posted by T野 at 20:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。