2013年08月19日

実はあんまり

朝一で姪っ子の案内によるモデムの交換が来る。意味がようわからん。メカにはさっぱり弱いもんで。

午後郵便局に発送に行ったらみんなお揃いの青いTシャツを着ていた。
「かっこいいじゃん」と言ったら
「結構涼しいんです」と喜んでいた。

夕方綱島の「ブ」に。
池波正太郎を全部揃えようと思います。
こんな傑作を一冊105円で読める幸せ。

谷内六郎の文庫も二冊ほど拾う。楽しい。
モエあたりで特集組んでくれんかね?

41Wdr90QOiL._AA160_.jpg


105円で好きな本が買えるっていいことですね。

図書館で借りれば本はタダですが図書館ってあんまり利用しないなあ。
出版社に勤めていた頃「おたくのCDROM付きの本を仕入れたいけど貸出しは可能か?」という質問をよく受けました。
「CDROMのコピー不可条件で貸出しは可能です」とムニャムニャ答えていましたが、図書館員ってあんまり好感持てませんでした。電話に出る男はやな感じのやつが多かったです。
ブローティガンの『愛のゆくえ』は傑作だと思いますが男の図書館員って悪いやつが多そう。
古本屋と図書館員ってどっちが性悪なんでしょうね?ビミョー。

男はもうええわ。
こんな女性図書館員がいてほしい。

528f58a4d1c9e702aa3c1510b6141ea1.jpg

(若い頃の壇蜜です)


posted by T野 at 19:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

哀しみのセックス

川上弘美が「セックスの哀しみ」という変なことを書いていて笑う。確かにあれは哀しみに満ちた行為かも。10%くらい賛成。
http://webheibon.jp/blog/tokyo/

性欲ってまだ少し残っているかも。でもあのあと「もれなく哀しい」のってなんかおれ立場ないな。
セックスってもうちょっと喜びに満ちているものであってほしい。
一生懸命はあはあがんばってさ。そういうこと考えるのって動物失格?
だんだん人生生きるのがツラくなってきました。もうやめます。うつ病?
posted by T野 at 07:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。