2013年10月28日

演歌を歌う

CDを整理していたら岡林信康の美空ひばりへのトリビュートアルバムが出て来て、聴いているうちに「悲しい酒」が自分の音程とぴったりだったので
思わず一緒に歌ってしまいました。夜中に何をやってるんだか?

「悲しい酒」

ひとり酒場で 飲む酒は
別れ涙の 味がする
飲んで棄てたい 面影が
飲めばグラスに また浮かぶ

酒よこころが あるならば
胸の悩みを 消してくれ
酔えば悲しく なる酒を
飲んで泣くのも 恋のため

一人ぼっちが 好きだよと
言った心の 裏で泣く
好きで添えない 人の世を 
泣いて怨んで 夜が更ける



岡林信康と美空ひばりって仲がよかったんだってね。
隣り合わせの布団で手をつないで寝たこともあったそうです。すごい。
岡林の「山谷ブルース」の「ひとり酒場で飲む酒に帰らぬ昔がなつかしい」というフレーズも
「悲しい酒」を彷彿させますね。
淋しい名曲だな。
posted by T野 at 03:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

グッデイサンシャイン

実に久しぶりの晴天。青空をこんなにありがたいと思った事はかつてなかった。
このところの悪天候には気が滅入りっぱなしだったからね。

午前中に郵便局に注文品の集荷に来てもらい「ラジオニッポン日曜競馬実況中継」を聞く。
以前「ダービーニュース」の本紙予想をしていた長谷川仁志が怪我で入院しながら
天皇賞予想をしていた。
素直に本命はジェンティルドンナ。対抗に蹴飛ばしたエイシンフラッシュをあげたのにはぎくっとしたが
これはしょうがない.エイシンフラッシュってほんといつもパドックでは惚れ惚れするくらい良く見える馬だよね、
でもダノンバラードをあなどりがたいと推奨したのは心強く思った。

トレッサに出かけ珍しく焼き肉定食なんかを食ってきました。
何年ぶりだろう。
帰宅してこれまた珍しくウィントン・ケリーなんかを聴いています。

天皇賞たまには当たんないかな?
百万円とは言わないから十万円くらい儲からないかな。
うんにゃ、三千円でもプラスになればそれで結構です。
どんどん謙虚になっていく本日のわたくし。

http://www.youtube.com/watch?v=kRdtKUWn_wI


いやあ、久々しびれる天皇賞だった。
馬単4510円を300円おさえていたので5,000円ばかりプラスに。
狙いのダノンバラードとトウケイへイローが空振りに終わっただけによく押さえた。
首の皮一枚でなんとか命拾い。


「ちくわカレー」小タッパーに入れ大倉山の寿司屋のS藤ちゃんとH野氏に進呈して喜ばれる。
今度は大タッパーに入れ教室に持って行くぞー! おいしいよ。変なもんに凝りだしました。
肉より安上がりだしね。



posted by T野 at 14:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事と家事に勤しむ

昨夜から洗濯を開始。クリーニング代が出ないので洗濯機で洗えないような衣類はこの際極力捨てようかとか思う。
サラリーマン時代の背広とかネクタイなんてもう必要ないよな。
とにかくこの際徹底的にいらないものは整理しようと思ったら
一番要らないものっておれそのものだよなとちょっとがっかりする。

でとりあえず洗濯をし終わり、米ももとぎました。
発送の準備もしちゃった。
でも本の事を考えるのは飽きたので
これからCDの整理をします。

唐突なんだけど
中学校時代、平井先生という面白い若い体育の先生がいてね
なにかというと「散れっ!」と号令をかけて生徒に準備体操をさせるんだけど
生徒おのおのに自覚をうながしているようで、あれが妙に好きだったなあ。

とりとめがない感想です。
昨日読んだ『みんな酒場で大きくなった』の
太田和彦と川上弘美の対談の中で川上がこういうとりとめのなさのことを
「真夜中の恋文」になってしまうと言ってましたが、なんとなくよくわかる。
突き詰めておれももう一歩踏み出せるきっかけになるといいんだけどね。

今は真夜中であることだし、また考えてみます。ありゃもう朝か。
なんか珍しくシリアスな事書いちゃったな。
posted by T野 at 05:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。