2013年10月01日

病院へ

昨日午後に起きたら3日連続の大酒のせいで瀕死の二日酔い。よろめきながらタクシーを拾い東部病院へ行ってきました。
救急救命窓口で事情を説明し診てもらえないかと頼む。
カルテに記入し待つこと2時間で診察室に通された。
今までの経緯を説明し、ここの神経科にかかれないか?と訊ねたら
わかりました。精神科に訊いてみますが
まずは健康状態を診てみましょうとCTスキャンと採血検査をすることになった。
待つことふたたび1時間。再び呼ばれた結果
「あなたの言うことは意外にしっかりしているし、検査結果でも異常はみられません。
精神科に訊いてみましたが当院の精神科にはアル中専門の担当医はいないそうです。
あなたの通っていた山中クリニックが横浜では代表的なアル中専門だそうです。
もう一度今後の相談に行かれて、紹介状があれば当院の精神科でも受診ができます」とのこと。

ものすごく体調は悪く結局夜の8時半まで待合室でへたり込んでおりました。
水を飲んだとたんに気分が悪くなり用意してもらった袋に胃液まで吐きまくってしまう。
結局タクシー会社に電話して救急の入り口まで迎えに来てもらい、
家に着いても運転手さんに2階の玄関まで荷物を持って付いてきてもらう始末。

そのまま布団にもぐりこみ
ついさっきまで丸二日近く延々と眠り続けていましたがまだ気分が悪い。
妹から電話があり今日で乳癌の治療が終わったので
「明日以降そっちに手伝いに行くよ」とのこと。

しかし経済的な問題が一番心配なので
やっと起き上がり実に11日ぶりにメールチェック。
気が狂うような膨大な量がたまっていました。
注文も驚くほど来ていた。
さすがに長いことほったらかしだったのでキャンセルもいくつかきていたけど
これでなんとか食いつなげます。

しかし明日注文書をプリントし、在庫を全部探し
荷造りを済ませ集荷に来てもらうことを考えると明日は大変だ。
まあ十二日間も仕事をほったらかしにしていたんだから。

明日の朝、抗酒剤を飲んでから仕事を再開します。

posted by T野 at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。