2013年12月25日

行為の筋肉

この前の土曜レッスンでうらら先生に「あなたはもっと内股の筋肉をつけなさい」と言われ
わかるところがあった。

高校の頃、バスケをやっていた時代
ディフェンスのとき、ものすごく内股に気合いを入れていた気がする。

すっかり、とほほな内股になってしまいましたが
来年はがんばろー。
(なんか最近「がんばろー」ばっかりやな。
「明日はなろうヒノキに」。「あすなろ物語」)
posted by T野 at 13:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鰹のタタキ

牛肉のステーキをおせち料理かわりにしようかと考えていたんですが結構高いな。
サーロインなんか150グラムで3500円もする。

これならわが故郷の「鰹のタタキ」のほうがましなんではないだろうか?
あれは「レアステーキ」みたいなもんだし。
わが旧友竹内太一の「ねぼけ」に注文してみようか。
太一友達なんだし、まけてくれ。

http://www.kazuoh.com/

それでもって来年のおせち料理にします。

katsuo-2013.9-l.jpg

ご飯の大盛りも食べます。(あっ、まだ米を買っておらん)


posted by T野 at 00:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

今年も終しまい

起きてみると注文はいっぱい来てた。

なぜか高峰秀子の『台所のオーケストラ』同じ文庫本が3冊も。これはなんじゃ?
確かに面白い本ですがなんかの紹介だろうか?

51ZFAN6RAKL._SL160_PIsitb-sticker-arrow-dp,TopRight,12,-18_SH30_OU09_AA160_.jpg

郵便局で発送を終えた後、トレッサの有隣堂で久下貴史さんのカレンダーを買ってきました。
今年は無料カレンダーで済ます予定だったのについつい。
やはり新たな気持で新年を迎えるのに1533円くらいの出費はやむを得ないか?
ほんとに全然現金がないんです。年の瀬の悲哀。

本はいっぱいあるからまだ良しとしよう。
「現物支給」というなつかしい言葉を思い出しました。

週刊現代を読んでいたら
銀座の「鳩居堂」が出ていて、二階の書道書売り場にいたK藤さんというおばさんのことをなつかしく思い出しました。
一坪当たりの地価が日本一で有名な老舗ですが、なんとなくK藤さんは当方のことを気に入ってくれ
別の出版社に移籍したとき挨拶に出かけ「新たに取引をさせていただけないですか?」とお願いしたら
まるで抱きかかえんばかりにして上の階の仕入部に連れて行ってくれたのには感激したなあ。
後にも先にも取引先の担当者にあれだけ優遇された覚えはありません。
もう相当なお年だと思うけどご健在だろうか?
こういうことはいつまでも覚えているもんですね。
生きていてまんざらでもないなということはあるのであります。

今年も残すところ一週間かあ。
いろんなことがありました。
ボロボロになって泣くことが多い年だったな。
来年は少し笑いたいです。
ほんとにつらい一年だった。しくしく。
posted by T野 at 18:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。