2014年01月31日

ものすごい花粉症

ついに今年も始まりました。薬なしでは乗り切れん。

受注は伸びた。
CDの売上げが大きい。これが売り切れたらどうなるか?
本と単価がまるで違うんだよなあ。

介護施設からは連絡来ず。
昨夜京都の従兄の慎ちゃんに電話したら
「介護の仕事のきつさは半端じゃないぞ
しもの世話とかお前に勤まるか?」
と警告された。

今まで怠けて生きて来た罰だと覚悟するしかないですが
やってみないことにはわからない。セブンイレブンも2ヶ月もたなかったし。
人生甘くはないさ。

つらいときには歌を歌おう。「男だったら、一つに賭ける!」
銭形平次ってカッコいいですね。がってんだ。
http://www.youtube.com/watch?v=o8O_Etfs3aA

本日は「とんかつソース」と「ウスターソース」をふんぱつしました。
がってんだ。

21W0lgEesDL._AA160_.jpg



posted by T野 at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

発送の準備

天気予報は全然当たらないなあ。本日はてくてく歩いて発送かと思いきや,晴れ間なんか見えている。

発送の準備。
いつも不思議に思うんだけど
アマゾンなんかで1円でずらずら値付けされている本
当店ではそんな値付けではペイできんので、もうちょっと上乗せした値付けをするんですが
なぜかどこにでもあるそんな本の注文がうちにも来るんですね。これが不思議。谷崎潤一郎『蓼食う虫』なんかなんでわざわざうちに注文してくるんやろうか?お客さんも好きずきなのかしらん?有り難いことですが。

51e39hoJrHL._AA160_.jpg

1円の値をつけてどうやってもうけるんじゃ?と思いますが
アマゾンだと送料250円もらえるんですね。
実際はほぼ80円で送れるから
差額の170円の儲けでも大量に処理できれば儲かるんだってね(確かに一日100件受注できれば17,000円の粗利にはなるわな)
パートのおばちゃんを雇って実際そうやって儲けているかしこい人はいるみたいですよ。おお嫌だ。(とてもそんなこと言えた義理じゃないんだけど嫌いなものはやっぱり嫌い)

ネット古書店組合のスーパー源氏の常連出展者では大阪の「ジグソーハウス」さんっていうブランド古書店があって
SFやミステリ中心の品揃えをしてるんですが古書市なんかではいつもダントツの売上げでうらやましい。
もう「ブランド力」としかいいようがなく、同じ本を出品していてもお客さんは「ジグソーハウスさん」で買っていくんですね。
獅子ヶ谷書林にもああしたブランド力が欲しいがそれは無理というものじゃ。

しかしまあ「古本屋」って「貧乏」という言葉がほんとによく似合いますね。
なんだか感心しています。感心している場合ではないんだが。

今年の初め、ものすごいアル中性のうつに陥ったんですが
どうやって脱出したかといえば
アル中病院にかかる金も持っていなかったんですね。
これはもう自力で克服するか、自殺するしかないなと思いました。

頭をかかえて生きるのも生きるすべなのかも。
ぎりぎりのところでかろうじて生きております。

競馬で10万円くらいちょいと当たらんもんかねえ。かつてはときどき当たったのに。(コラっ!)
posted by T野 at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

ラストステップ

夜中に起き出して在庫アップを続け8時半に寝たのだけど9時半に健康保険料の請求の電話で起こされる。
今月中に払ってくださいといわれたがなんとかしなくちゃ。
その他、未払いのあれやこれやを思い出す。ううう。

ほどなく池田さんより支援物資2箱が届く。
ありがとうございます。
つい読んで楽しんでしまいそう。

在庫整理をしてから炊事、洗濯。
値札はがし用のライターオイルが残り少なくなってきた。
発送の準備。プリンタのインクカートリッジの残りは大丈夫かな。
小林カツ代の文庫の注文が来た。
「ビブリア古書堂」に登場したブローティガンの小説も。
ドビュッシーのCDの注文なんかも来たぞ。CDもあと100枚くらいあればなあ。ううう。

ラーメンとメンマもなくなった。買ってこなくちゃ。
今日は日吉の「ブ」に行ってこよう。
アップ在庫は5,100冊を超えました。
6,000冊にはいつ届くかな?
http://www.amazon.co.jp/gp/aag/main/ref=olp_merch_name_5?ie=UTF8&asin=4061983016&isAmazonFulfilled=0&seller=A2OE0RY85V1WL5



郵便局に行ったら久しぶりに近所の花屋のおかみさんとばったり会う。
彼女はダヤンファンで猫をいっぱい飼っているんですよ。なんか奇遇だね。
「おれ食っていけないので近くパートに出るつもり。以前は今頃は木瓜(ボケ)の花なんか取り寄せてもらったりしてたのに、すっかり貧乏になっちゃってさあ」なんて愚痴をこぼす。
でもこんなことをを気楽に話せる相手が身近にいるのっていいことなのかもね。

綱島に出て銀行で通帳記入したら今日のアマゾンの入金から
健康保険料が引き落とされていた。
明日の入金で振込みにいくつもりだったからかえってよかった。

日吉の「ブ」で10冊ちょっと拾う。

自転車に乗ってる途中、不意に山下達郎の「ラストステップ」のメロディーが流れて来て
口ぐさんでいました。
学生時代、増上寺だったかの会場まで聴きに行ったコンサートの最後で歌った曲。
彼のギターとエレクトリックオルガンのバックだけでしっとりと歌ったのがとてもよかった。
あのころはおれも二十代前半だったんですよ。
信じられないねえ。21R3GENQ0AL._AA160_.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=hQkzvqhQi5E


明日は雨予想だ。洗濯は終わったがさて。

夜食で食った「とろろ昆布うどん」はおいしかった。
かんたんだし冬はいいねえ。

安野光雅の「旅の絵本シリーズ」の日本編が発売になったそうです。
電気のない時代の日本を描いたらしくでぜひ読んでみたい。
ガキの頃父方の田舎の東又に行った頃
帰り道がほんとに真っ暗闇でめくら同然。
あれはほんとうに途方にくれた。よく帰り着けたもんだ。
電気のない暮らしをイマジンしてみよう。
今の自分にも少しは「サバイバル力」って残ってるかね?

61Q93T2O-RL._AA160_.jpg




激しい尿洩れで真夜中に下半身ぐしょ濡れで目を覚ます。
こんなことでほんまに介護のパートなんか勤まるんやろうか。
さめざめ泣いています。
泣き言はいいたくないんだが、もしかしておれはもうだめなのかもしれないね。
さてどうする。
ぐわんばれ、元体育系!

posted by T野 at 12:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。