2014年02月21日

人間自身考えることに終わりなく

のど風邪少し治る。

面倒だが発送の準備。
大判の絵本とか結構大変だねえ。
好きだけどおおむね安いし。

カシャカシャと売上げを計算しながら郵便局へ持って行く。
「あ、今日は注文たくさんじゃないですか」と応援される。

「来週からトレッサの韓国料理店でバイトすることになってね」と言ったら
男女を問わず局員全員から
「えー、ほんとですかあ」と過剰な反響があった。
「調理とかもするんですか?」
「その店行ったことがあります」
「今度みんなで行ってみよう」
と大受けしてしまった。おれが働くのがそんなに珍しいんだろうか。ようわからん。
柴田 錬三郎みたいに口をへの字にしてしまいました。

そのまま自転車で綱島の「ブ」に遠征。
10冊ちょっとだが今日もいい本があった。
自己満足ですが、なんかリッチな気分だ。
やっぱり仕入れが一番面白いな。

帰宅後ミルクコーヒーを飲みながら
今日の収穫、池田晶子の『人間自身考えることに終わりなく』を読む。
彼女の本を読むと
「生きるのも死ぬのも同じようなもんだ」
「貧乏でも生きてりゃいいのさ」と元気が出ます。
たぶん曲解してると思うんだけど、それでいいのだ。

この本で一番おかしかったのは彼女が小学生だったとき
彼女の髪をひっぱったりする悪ガキがいて
でもそれは自分のことが好きでそうしてるんだとなんとなくわかっていた
転校するときにはその男の子は泣いていたものというくだり。
下世話なエピソードでいいですねえ。きゃー、すてき池田晶子。
posted by T野 at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

はんぶんしあわせ

12時起き。メールをチェックしたら受注は好調。(CDがだんだんなくなっていく)
このままならいよいよ月の売上げ目標が達成できるやもしれん。
このまま突っ走りたいもんです。

発送の準備は面倒だったけど
足取り軽く郵便局へ。
「料金後納」の支払いも滞っているので
早く払わないと割引が受けられなくなっちゃう。

そのまま自転車で樽町の「ブ」へ。
10冊ほど拾う。
「読んでも売ってもよし」。なかなかよい内容でした。
こういう日はうれしい。

5時前、トレッサの韓国料理の店に打ち合わせに行く途中
手前の回転鮨屋のM浦さんとぱっと目が合っちゃった。ご無沙汰してましたが、手を振り振り「どうもお久しぶり」と言ってあいさつに行った。

「週に2日からだけどそこの韓国料理の店でバイトをやることになりまして」
と言ったら
「あ、あそこの店長とは親しいんだよ。よく言っといてやるから」なんてびっくり。
「洗い場の仕事なんておれに勤まりますかねえ」と不安を口にしたら
「大丈夫、大丈夫、なんとかなるよ」と励まされた。
経験者のこういう後押しはありがたい。

M浦さんは密教に興味をお持ちで、ときどき「ブ」で見つけると持って行って
いろいろサービスメニューをごちそうになっていたのでした。

そのあと、面談に行く。
店長と話をしながら必要書類に記入していたんだけど
履歴書用の写真はカラーじゃないとだめと言われ撮り直しに行ったりして
一時間もかかってしまった。

ちょっとだけ現場を見てみたいと伝え
2時間ほど研修をさせてもらった。
本日スリランカ人の青年が当番。
とりあえずおれの仕事は洗い場です。
お客さんが下げた食器を洗うんだけど
「ものすごく忙しい台所仕事」という印象。

「混む時は目が回る忙しさ」と店長に言われたけど
はあはあ言ってあっという間に仕事は終わりそう。

「50時間の研修中に調理も覚えてもらいます」と言われちょっと研修。
サラダ用のサニーレタスとレタスを下ごしらえするんですが、それぐらいはなんとかやれました。
しかし「石焼ビビンバ」とか「チヂミ」や「冷麺」なんぞを繁忙期に作るのは大変そうだ。

いままでは「お客さん」の立場だったのが
これからは真逆の従業員だからねえ。


帰宅したら平日としては受注の最高記録でした。しめしめ。
かつて自分が担当していた本が売れたりするのはなんだかうれしいなあ。
posted by T野 at 23:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

のど風邪

思いもかけない方からの書留が届き起こされる。本来いただく筋合いのものではないのだが
当方現在大困窮の現状であり、ありがたく頂戴することにした。
なんだかまわり中に借りばかりが増えていくようだ。すみません。

久しぶりののど風邪。
温泉の仕事で何度も薄着で寒いところに行かされたせいであろう。
「ブロン液」で治ればいいのだが。

荷造り開始。
今までこつこつ集めて来た福音館の「こどものとも」や「かがくのとも」シリーズが
そこそこの値段でコンスタントに稼いでくれるのはありがたい。
(ただし子どもの本は落書きやイタミが多いので要注意)

本日の荷造りを終えたらメンディングテープと値札剥がし用のライターオイルが切れた。
ほんまに毎日予定外の出費ばかりが嵩むなあ。
毎日の請求書の支払いに受注がおっつきませんわ。

郵便局へ出かけたついでに新しいバイト料を振り込んでもらう通帳を作ったら
局員の女の子に「あらT野さんアルバイトを始めるんですか?」と訊かれたが
これまた早々にギブアップするやらも知れず
「んーとそのお、むにゃむにゃ」と笑ってごまかす。

そのまま内路の「ブ」へ。
たいしたものはなかったが10冊ほど。
今「ブ」では500円以上お買い上げで100円OFFというクーポンを配っているので
せこいけど活用しなくては。
あとは古書値はつかないけど読みたい本が108円で手に入るという余得があって
今は山田太一のエッセイなんかを探しています。

41AFJA95C1L._SL500_AA300_.jpg


その後は温泉に出かけ
担当者から2日分のバイト料の受領に必要な書類をもらってくる。
しかし正直、あの苦役から逃れられたかと思うとほっとした。
さらばじゃタフなおばちゃんたち。とっても教訓になりました。
トレッサの韓国料理店のバイトは続けなければ。

おれはほんとにやることの要領が悪くて
「デクノボー」だの「ウドの大木」だとかよく言われます。
大昔だけど生活に困って、下北沢のおでん屋の名店「宮鍵」で一日だけだけどバイトをやった夜にも
お母さんに
「あーあ、そんなバカ丁寧に食器なんか洗ってちゃ、おっつかないわよ。
ほんとに要領が悪いわねえ」と怒られた。

あのころから、全然成長してないどころかますますトロさにみがきがかかっておる。
なんか生きていくのがたいへんなタイプだったんだね。

本日はのど風邪に筋肉痛に頸椎痛の三重苦。
たまには早く寝よう。

晩飯は冷凍してあったカレーを解凍しました。便利だね。

なつかしいポール・サイモンの曲を聴いています。
posted by T野 at 18:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。