2014年02月01日

失態の連続

メールをチェックしたらアマゾンで4,000円ちょっとのCDを買ってくれたお客さんが品違いでキャンセル、返金希望というのがきていた。
CDにはちょっと疎いところがあるんでこのCDアップするときに一瞬不安は覚えたんだよな。
あとは大丈夫だと思います。

徳島県立文学書道館が「庄野潤三の世界展」というのをやっていて
そのパンフレットを申し込んでいたのが本日届いた。

八十八歳で亡くなるまで穏やかな老後を送り
「珠玉」としかいいようがない豊かな連作を残した。
地味だけどずっと読み継いで行くファンは耐えない作家。

自分の人生とはえらい違いだけど
中学の頃庄野潤三に出会え、中年になって晩年のおだやかな連作を発見できたのは
至上のよろこびであります。

どうか平穏な暮らしをと切に望むんでありますが
今の世の中「我に七難八苦を与えたまえ」くらいの覚悟で臨まないと生き延びていけないんだろうね。

土曜レッスンに行ったんだけど今月の月謝が払えず頭をかかえた。
帰りに「ブ」で5冊拾う。
「幸せな暮らし」という言葉は当分その辺に置いておこう。

山田太一の『逃げていく街』というエッセイ集を拾って読んでいたら
「わが青春の一冊」に「カミュの手帖」を挙げていてふーんと思った。
『太陽の讃歌』と『反抗の論理』は当方も学生時代ずいぶん読みましたよ。
昨年セットで売れちゃったけど。

41w6-OJV77L._AA160_.jpg


実に数年ぶりに「みかん」を買ってきました。
高校時代なんかは段ボール1箱くらい一晩で平らげていたものでしたが。
むかし椎名誠が「こたつでミカンを食べながらいしいひさいちのマンガを読むのは無上のよろこびである」と書いているのを読んで
「そうだその通り」とうなずいたものでしたが
最近ああいうけちくさい喜びとはとんと無縁になっちゃったね。
よくないねえ。

posted by T野 at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。