2014年02月04日

雪の降る街を

うとうと寝ていたら夕方になってった。

「いかんいかん、発送に行かなくっちゃ」とあわてて荷造りをして郵便局へ出かける。
なんだかむかついてこわい顔をしていた。郵便局の女の子たちに伝わっちゃった。
急速に寒くなるという天気予報が珍しく当たり、みぞれから雪になる。寒かった。

寒いので今夜はおでんを作っています、
中身はこんにゃくと厚揚げと卵だけ。竹の子とかさつま揚げとか蕗とかも入れたかったなあ。
小林カツ代も死んじゃったんだなあとしみじみ思いました。平松洋子はまだ生きている。

もうすぐバレンタインデイですが友人の宮脇孝雄ってバレンタインデイの生まれだったな。
60歳の誕生日おめでとう。
お互いいい歳を迎えたね。
昔遊びに来た女の子に「あなたがたっほんとになんにも話をしないのね」ってあきれられたことがありました。
そんなもんだよ。平気だったけど。
いろんな思い出を思い出しています。おもしろいつきあいだったね、孝雄ちゃん。
posted by T野 at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涙の獅子ケ谷書林

いよいよお金がなくなり、昨日1円玉貯金?も総動員して有金を計算したら1,450円ちょっとだった。
かろうじて千円札一枚は持っている。
もう川崎のハローワークに行って日雇いでもなんでも職にありつくしかないところまできました。

知人のみなさん、お金を借りても返すすべはないので
獅子ヶ谷書林の在庫に注文をください。わたくしは落ちるところまで落ちました。

昨年の真夜中、「カレーの空焚き事件」を起こし
パトカーや救急車が駆けつけ、回り中の隣人にひんしゅくをかったのですが
隣りの小学2年生の女の子だけはすごくうれしそうな顔をして喜んでいた。
ものは考えようです。

飛び降り自殺をはかりたいような窮地なのではあります。
産卵を終えた鮭が死んでダラーと川をくだっていきますよね。
カラスやヒグマなんかに死骸をつっつかれちゃってさ。

昔うつ病になった妹に「人間の人生なんて鮭みたいなもんさ。生きてることなんてたいした意味はないんだよ」
なんて諭したことがありました。
ちょっとそんなことを思い出した。
鮭の一生っていいですね。
おれも生をまっとうできるかな。

DownloadedFile.jpg


ところで当方「ロバの本屋さん」のブログに出て来る「ミーコやん」の大ファンです。
見ているだけで心がなごむなあ。
寒そうな土地みたい。だからあったかいミーコやんとくっついていたいね。
posted by T野 at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。