2014年03月21日

さみしい余生

昨夜のジャリ研会はいろいろ面白かった。出席したかいはありました。

意外だったのは後輩の女の子たちに
「T野さん、ブログにダンスのうらら先生に花を持って行くこと
楽しみにしてるみたいだけど、あんまり感心しないな」と言われたこと。
えー、なんで? なぜだかよくわかんなかった。
うらら先生の教室に季節の花を届けることは当方のささやかな喜びなんだけどなあ。
ジャリ研の女の子達って独特の感性を持っているので油断ができません。好きですけど。


帰りの京浜東北線でもY道先輩に励まされながら叱責されました。
「T野お前のブログは面白い。
独特のものを持っているのに、芽が出ないのはなぜなんだろう。
一見、女の母性をくすぐりそうなのにお前が伴侶に恵まれないのは不思議じゃ」
うなだれながら拝聴していました。

おれは女にモテません。
敬愛するふうちゃんに
「T野さんみたいな自分勝手な男が女にモテるはずないじゃないよ。わかるけどがんばりな」と言い切られましたが
おれもそう思った。

帰り道のタクシーでK地さんにも
「もうお前も、どうこう言ってられる場合じゃないんだからしっかりしろよ」と怒られた。
しっかりしようと思いつつ、がっかりしております。
「かもめ、かもめ、笑っておくれ」(by:浅川マキ)
逆立ちでもして気を取り直そう。

posted by T野 at 09:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貧乏って顔に出る

昼過ぎ古本屋の先輩K林さんから電話があり「T野君、ひと月仕入れは我慢しなさい、ひと月おきに仕入れは我慢した方がいいよ」
と忠告された。
確かに「ブ」の105円棚での仕入れとはいえ
あんまり売上げとのバランスはとれておらんものなあ。

夕方まで寝る。
本日は「ジャリ研」の宴会だったが
金がないので欠席するつもりだった。
でも目が覚めるとやっぱりみんなに会いたくなり
恥を忍んで幹事のH岡さんに
「わけ合って金がないんだけどおごってもらえませんかね」と電話した。
「おごるから来な」と言ってもらったがものすごく恥ずかしかった。

往復のバス代、電車代くらいはあったので石川町まででかけました。
一杯やりたいと思って「熱燗2合でください」と言ったら
みんなに「T野さん、絶対飲んじゃだめです」と取り上げられた。
仕方なくお茶を飲みました。なにも食べなかったけど
最後に「杏仁豆腐をたべたいなあ」と言ったらみんな賛同してくれておいしくいただきました。

はるばる北上尾から駆けつけた由美ちゃんと入り口でばったり一緒になり
「おれと君は運命のきずなで結ばれているのかもね。何もしないから今夜は家に泊まってもいいんだぜ」と言ったら
笑いながら避けるようにあっちの方から帰って行った。やれやれ、ひどいじゃないか。

みんな当方のブログを読んでいるらしく
「ちょっと最近だらしなさすぎ」と非難囂々でした。
弁解の余地なし。

後輩のマッシュなんかにも
「T野さんってむかしはもっといい男だったのに」と言われる始末。
帰り石川町の駅のホームで
「今日はへんなことを言ってごめんなさい」と謝られましたが
悪いのはおれの方だ。
逆にマッシュを傷つけたかも。すまん。
精神を病んで3年。結構つらいものがあるのよ。

お金がなかったのでみんなに好きなJAZZのCDを配りました。

北海道からやってきたY道さんに
「T野、もっと気楽に生きろ。
おれのおじが入居してるグループホームなんかも四人に三人は生活保護を受けてる年寄りだぜ」
と励まされ、ちょっと泣きそうになった。
泣いてる場合じゃないんですが。
帰りはまたも途中までK地さんにタクシーで送ってもらいました。

おかしかったのは
帰りの電車でY山先生に三浦しをんの新刊文庫をあげようとしたら
「あ、それもうすぐ読み終わるところ、三浦しをんって面白いよね」と言われた。

ジャリ研で独身なのは
おれとY山さんしかいないので
「お互いいい歳なんだしおれたちは結婚した方がいいんじゃないだろうか?」と提案してみたら
「絶対にありえません」と即答された。
その気持よーく、わかります。

posted by T野 at 01:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。