2012年10月31日

在庫の盲点

久しぶりに常連のお客さんよりご注文をいただいて喜んだもののさて、この本どこにあったっけ?と悩む。
繰り返していいますが、たかだか2LDKのマンションの在庫。
いくら馬鹿でもよく探せば見つかりそうなものですが、これがなかなか見つからないの。
宝探しごっこで見つかるといいんですが。
これからますます行方不明本って増えていくんだろうなあ。
繰り返しますがたかだか2LDKなのよ。不思議だあ。
「わかんない本の置き場」なんかをつくった方がいいかもね。
オレだけじゃなく古本屋の皆さん苦労されているようです。

それにつけてもせっかく注文が来た本の在庫が見当たらないって
ものすごいストレスですね。
信じられないんだけど毎度の繰り返しです。
きーっ!、どうなってるの?
よし子さん、教えて。(もうなんでも、よし子さんのせいにすることにします。賢明な君ならわかる。ううう)


あーあ、プリシアターの小林さんに怒られた。



posted by T野 at 01:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なぜ教えた事を実践しないのかな。
アマゾン専用の棚を作って入力した本を順番に並べる。
教えたとおりにやりなさい。
Posted by プリちゃん at 2012年10月31日 01:28
へいへいわかりました。
遅いですね。
Posted by T野 at 2012年10月31日 01:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。