2013年06月29日

充実ながら過労死寸前の一日

昨夜も思い屈することが多く、なかなか寝つかれず朝方までうとうとしてたら9時半過ぎ従兄の慎ちゃんから電話が入り
学会で京都から横浜に来ている。少し時間ができたのでこれから由宏のところへ行こうかと言われあせる。
前もって言ってくれればもう少し片付けたものの万年床を上げ、ソファに座る場所を確保するのが精一杯で
本の山の物置と化した部屋をみて
「どっひゃーなんやこれ?1万冊以上あるんとちゃう?」と驚いていたが、今のうちの在庫はこれでも整理してその半分なのよ。
慎ちゃんは大昔オレが書店に勤めていた頃、久我山のアパートを訪ねて来たことがあり
あのころの部屋は整然と片付いていたからさぞや仰天したことだろうと思う。
「これが元アル中のネット古書店人の部屋か」と理解したかな。年老いてボロボロになっちゃいました。(歳のせいにしちゃいけませんが)

今後のことをいろいろ話したが
「あと五、六年経てばオレらあもだんだん体が言うことをきかんなってくるから
特に独りでやるネット古書店は大変だ」
確かにおのれの行く末はお先真っ暗じゃあ。
「とりあえず自分が病いに倒れたときのことや死後のことについて早めに遺書を書いちょきや」と言われた。
あわただしく帰って行きましたが差し入れを買ってきてくれたおかげで冷蔵庫の中はずいぶんリッチになりました。
医師らしく栄養豊富なものがいっぱい。

その後明日の出荷の準備を済ませ郵便局に集荷を依頼したら午前中にしてくれと言われる。
自転車で新横浜に出て土曜レッスンはタンゴ。
疲れたけど慎ちゃんにも「老後に備えて体力をつけとかんと倒れたらアウトやで」と言われたし。

トレッサで遅い昼飯をとった後北寺尾のセブンイレブンに初出勤。
オーナーに「うちの店は住宅街で土日の夕方は忙しい。早速今日からレジの補助から始めてもらいます」と言われ
「えー、いきなりかよ?」と思ったものの、いちばん手っ取り早いだろうし店長代理らしき若者に付いて実戦開始。
清算が終わった商品を5種類あるレジ袋に詰めるのがキホンですが、なるほど忙しいや。
あと「お弁当あっためますかあ?」と尋ね、レンジでチンした後、箸やフォークやスプーンといっしょに
「お待たせしましたー」と言って渡すの。これは一度やってみたかった。
とまどったのはレジ脇の揚げ物を手をアルコール消毒したあとトングで詰めるんだけど、
鶏串上げ、アメリカンドッグ、ソーセージ、鶏揚げ、鶏から揚げ、コロッケ、メンチカツ、ポテトフライなんかを
それぞれ袋やケースに入れる作業が予想通り不器用な当方は大の苦手。
「あーだめだめ、そんな乱暴に掴んだらコロッケがこわれちゃう」と指導員の若者に怒られちゃった。見ると見事につぶれていました。
お客さんごめんね。あなたはわが初ピック・コロッケを購入された記念すべきお客さんでした。そのうちいいことありますよ。たかだかコロッケではありませんか。ドンマイドンマイ。

おかしかったのは、レジに立ってすぐ前に来たお客さんががうちのマンションの同じ階のおじさんでした。
「こんちわー、今日からここでバイトなんですよ」とあいさつしたらびっくりして笑っていました。
あのベロンベロンでエレベーターに乗り合わせていた住民に突然セブンイレブンで「いらっしゃいませー」なんて声をかけられたら、そりゃあ驚くわなあ。
缶ビールとか買っていましたね。
さらにおかしかったのはワンカップの日本酒だか焼酎を買いに来たおじいさんに
「おやT野さん、こんなところで何を?」と声をかけられて確かに見覚えのある顔だったのに
どうしても誰だか思い出せず、仕方なく
「今日が初日なんですよ、ごひいきにー」とこたえたものの、あれはだれだったんだっけ?
公園のベンチの浮浪者仲間? うーん気になります。

とりあえず、はあはあと忙しい初日でした。
8時過ぎにアイスクリーム等、冷凍食品が到着し補充作業を行い
レジも空いて来たところでベテランのおばさんに付いてレジ操作も少し習いました。
意外にも思ったほどパニックになったりはしなかったですね。
ダンスの先生たちには「初日でクビになるんじゃない?」と心配されたけど、そのようなことはありませんでした。
オレは意外に愛嬌もあるしコンビニ男として有能かも?(こらっ)
さすがに疲れたけど、なんとかネットの仕事と両立できそうです。
何よりも生計を安定させるのが第一なので当分は両方がんばってみます。
なによりうちから近いのがほんとに助かった。

実をいうと一番よかったと思うのは、いろんな世代の人間と働き始めることができ、
こどもから年寄りまでたくさんのお客と直に接することができたこと。久しぶりに新鮮な気分を味わいました。

しかし今日はさすがに飯を食う元気も残っていません。
慎ちゃん差し入れの菓子パンを牛乳で流し込んでバタンキューします。



posted by T野 at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。