2013年11月15日

小林さんとの再会談

プリシアターの小林さんと久しぶりにお会いしました。トレッサの焼き肉屋で食事をしながら実にいろんな話をしました。
とても書ききれない。「あなたがバスケのコートを走っていたように僕も演劇をやっていました」なんてかっこいいことを言うんですよ。

ひとつだけ傑作だった話を。
高知の従兄の章夫さんに
「由宏よ人とのコミュイケーションをはかるために
週に一回一時間でもえいきに若い女の子なんかバイトに来てもろうて
発送の手伝いとかしてもろうたらどうぞね」と言われた話をしたら
小林さん曰く
「若い女の子なんかもってのほか。
近所で本好きのおばちゃんを探すんですよ。
週に一日、3時間くらい、時給800円でいいじゃないですか。
本の発送と在庫整理を手伝ってもらったら?」と
いきなり具体的な話。
うーん、時給800円くらいなら払えそうだな。
ご近所に本好きのおばちゃんいらっしゃいますか?
家は面白い本だらけですよ。
おまけに素敵なCDも聴き放題。
獅子ヶ谷書林は本好きのおばさまの人材を募集します。時給は基本800円ですが能力に応じ昇給は要相談。
さあどうだ?



posted by T野 at 02:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全日本おばちゃん党の党員なので立派なおばちゃんです。通勤可能なお近くでしたら、本好きだから応募するのですが、ちょっと海を隔てているので遠いです・・・
Posted by りす at 2013年11月16日 01:43
それは残念。うちのマンション内にどなたかいるといいんですが。
まあ急ぐ訳でもないのでぼちぼちと。
Posted by T野 at 2013年11月16日 18:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。