2013年12月30日

手品のおまわりさん

幼なじみの河野君といういう友人がいたんだけどこれが手品がシュミなやつだった。

大学時代酒の席で一回教えてもらったことがあるんだけど
小さなマッチ箱をつかってね
「ほらここにマッチがぎっしりつまっていますね」
「ところがほらあら不思議、空っぽになっちゃいました」
というもの。
種はものすごく簡単なんだけど、あっけにとられて
しばらく熱中しました。
初めて見るヤツはほんとにびっくるするのがおかしかったな。

河野君は大学卒業後、高知でおまわりさんになりまして
一時は家のすぐ向かいの交番なんかで勤務していた。

あるとき河野君は近所の小学校に行って手品を披露したんですね。
そしたら小学生に受けまくり
「手品のおまわりさん」ということで
毎日勤務先の交番に小学生が寄り付いて仕事にならなくなったそうです。
河野らしいや。

河野はむかし「T野くんにはかなわないや」なんて言ってましたが
人徳的にずっとおれより上。降参です。

posted by T野 at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。