2013年12月31日

高校時代の痛恨の思い出

今年ももう終わりだ。なんとか年は超せるが、来年はどうなることやら。

高校の同級生にM木美穂という女の子がいてね巨乳でかわいくってとても好きだった。
好意というのは伝わるもので彼女の方もまんざらではなかったと思う。

一度だけなんかのきっかけでわりと近所だった彼女の家に招かれたことがありました。
両親とも不在で
「げっ、ふたりきりじゃん」とドキドキした。
二階の彼女の部屋に案内されたんだけど
超ミニスカートなんかをはいてていてクラクラしました。

でも、その後はありきたりの話しかできなかったな。
せめてキスくらいするんだった。
四分の三くらいは臆病、四分の一くらいは純情だったか。

そして「絶好のチャンス」を逸したのであります。
バカバカおれのバカ。

M木美穂よ今でも元気でいるかな?
もう時効の遠い思い出です。
posted by T野 at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。