2014年03月14日

海辺の堀立て小屋

残り少ない人生できれば「海辺の堀立て小屋」で余生を過ごせないかと切に願います。

読みたい本を少し持って
あとはラジオがあればいいかね。
テレビやパソコンはいらないや。ブログも止めよう。
魚でも焼いて自炊をして、毎日その辺の海辺を散歩して
海を眺めながらぼーっとしている日日というのはどうだ。

今や高知の田舎でさえ家を一軒買うには大変なお金がかかるみたいですが
人里離れた辺鄙な海辺に格安物件ってないかしらん。

もとよりひとり暮らしだし
病気で果てるならそれまでとして
自分の人生の最期ぐらい好きなように生きていけんものか。
身体が動くうちに考えて実行した方がいいと思うんだけど。

「海辺の堀立て小屋に暮らす世捨て人」っていいじゃありませんか。
ときどきひとりで「あーヨイヨイ」とか宴会なんかしちゃってさ。
さみしくていいから充実した老後をこのごろ夢見ています。

映画『祭りの準備』を観ています。
おれの人生もまだ終わりじゃないと思いたい。
http://www.dailymotion.com/video/xxsase_movie-祭りの準備-last-scene_shortfilms

posted by T野 at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。