2014年03月19日

さよなら絶望先生

わずかなが注文があり郵便局発送に出かける。わずかながら入金もあったのだが
とても払えるものも払えない。
元気ありません。

トレッサに寄ったら
マンション管理人バイト先から電話が来て
書類選考で不採用に。やっぱりね。

その後3時半近所のコンビニに面接に。
店長に「なんだかこいつ覇気がないなあ」という目で見られた。
しかも夜の10時から午前2時までの夜勤が週に3〜4日だけだとのこと。
いくらにもならないので近所の宅配鮨のバイトと兼業しかないな。
おれも落ちるところまで落ちました。

帰宅したらジャリ研のN津先輩よりメールが来て
在庫整理が終わったので送る送付先を教えてくれとのありがたいお言葉。
添付写真を見たら一商売できそうな内容。
かつかつ生き延びられるかも。このご恩は忘れません。
あちこ不義理ばっかり重ねて、人前出てゆくこともできなくなっちゃった。

でも古本屋の仕事は好きです。
せめてあと5年や10年元気でがんばってみよう。
明日は冷たい雨なんだってね。

posted by T野 at 18:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。