2014年03月21日

さみしい余生

昨夜のジャリ研会はいろいろ面白かった。出席したかいはありました。

意外だったのは後輩の女の子たちに
「T野さん、ブログにダンスのうらら先生に花を持って行くこと
楽しみにしてるみたいだけど、あんまり感心しないな」と言われたこと。
えー、なんで? なぜだかよくわかんなかった。
うらら先生の教室に季節の花を届けることは当方のささやかな喜びなんだけどなあ。
ジャリ研の女の子達って独特の感性を持っているので油断ができません。好きですけど。


帰りの京浜東北線でもY道先輩に励まされながら叱責されました。
「T野お前のブログは面白い。
独特のものを持っているのに、芽が出ないのはなぜなんだろう。
一見、女の母性をくすぐりそうなのにお前が伴侶に恵まれないのは不思議じゃ」
うなだれながら拝聴していました。

おれは女にモテません。
敬愛するふうちゃんに
「T野さんみたいな自分勝手な男が女にモテるはずないじゃないよ。わかるけどがんばりな」と言い切られましたが
おれもそう思った。

帰り道のタクシーでK地さんにも
「もうお前も、どうこう言ってられる場合じゃないんだからしっかりしろよ」と怒られた。
しっかりしようと思いつつ、がっかりしております。
「かもめ、かもめ、笑っておくれ」(by:浅川マキ)
逆立ちでもして気を取り直そう。

posted by T野 at 09:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。